木の香の家

5月なのに夏のような見学会(^^;)

 

昨日は 実験ハウスの 定期見学会でした。

 

多くのお客様にお越しいただきましてありがとうござました(^^)

 

昨日は5月にも関わらず外気温31℃まで達する夏のような暑さでした。

 

運良く、高断熱住宅の夏の涼しさ体験になりました!

<見学会開始 直前で外気温22.7℃ 室温は23.7℃です> 

DSC_1405.jpg 

 

<ご来場していただいたご家族も、夏の室温安定さを疑似体験>

DSC_1414.jpg 

<午後2:50 外気温は30.4℃ それでも室温は26.9℃と安定してました(^^)>

DSC_1416.jpg 

7月の見学会は梅雨明けの 7月29日・30日を予定しております。

夏の木の香の家の室温環境を体験してみたい方は是非ご応募ください!

 

Posted at: 2017.5.22(月)

「プリウス 走行距離」で検索

昨日、お客様からLINEが入りました。

 

「プリウスを買おうと思って、『プリウス 走行距離』で検索したら、白鳥さんのブログがトップページに出てきましたよ!」

との連絡でした。

早速、入力してみたら・・ マジでトップページに出ます!。

「走行距離30万kmのタイミングで、ガソリン一満タンで1100km走った

 びっくり記録のブログ」です(^^)。

 

トヨタさんに表彰してもらいたいなぁ・・(^^;)

 

Posted at: 2017.5. 9(火)

GW  家族サービス 「5きげんグルメ祭り」

昨日、GWの家族サービスで  「5きげんグルメ祭り」 に行ってきました(^^)

DSC_1322.jpg  

 

人はごちゃごちゃで、あまりにも行列の長いところは避けながらの ランチ調達

DSC_1317.jpg

 

テレビでよく名前が出る、「叙々苑の焼肉弁当」をゲット!(田舎者です^^;)

叙々苑の弁当がすぐに買えたのは、並んでいる人が多くなかったのですが・・理由は「田舎感覚から見て、予想外に高価(@@;)です。」・・。 

でも、今までの焼肉弁当とは違うと感じました!おいしい! 

DSC_1320.jpg   

岩手山をバックにランチタイム

1493879278398.jpg 

その後、娘の一番のお目当ては、「原宿わたあめ」?。こちらも、最近テレビに出て、どうしても食べたい一品だったらしいです。

スノー?を使って記念写真(時代に付いていけない・・)

1493879261061.jpg  

1493879253773.jpg

 

お土産は ティらぷり です。

これは今日食べる予定です(^^)

1493879295782.jpg

 

Posted at: 2017.5. 5(金)

【 流れに従って生きる ACT43: 決心 】

 

ACT43  決心

 

 T大工さんの「俺、その仕事やらない」の一声に、私はびっくりしました。

 

 


 私「え・・何かあったんですか?」

 明確な理由が分からない私は、こういう聞き方しか出来ませんでした。

  

 

 

T大工さん「白鳥さん...、なんであんな奴と組んだのや?」

 

「俺は大工だけど、人を見る目はそこそこ持ってるぞ。」

 

  

 

「あれは『人を疑う目』だ。」

 

  


「俺の目を見ながら、俺が何を考えているやつなのか・・探りながら会話してた。」

「白鳥さんの仕事はしたいが、あいづの仕事はしたくねぇ。」

 

 


「白鳥さん、あいづと別れろ。1人でもやれるはずだ。そのときはいぐらでも手伝うがら・・。」

  

  


その話を聞いて、私は心の中ですぐに決心がつきました。

 

 

 


T大工さんが一目で嫌になったのなら、この会社に居ても何の恩返しにもならない。

 

 

 

 

 

 

会社を辞めよう
 

 

 

  

 

 


独立して3人で組んでから半年も経たないうちの決別です。


みっともない気もしましたが、これだけ一気に「流れ」が来たのなら間違いないだろうと・・割り切って考えるしかありませんでした。

 

 一晩、布団に入りながら「決心」について自問自答もしましたが、1回目の独立とは違ってスッキリした気持ちになり、あっという間に心の整理がつきました。

 


 もちろん、なんの保証もない無謀な行動ではあります。

 

 約束された仕事は全く無く、動かせるお金も20万円~30万円の貯金しかない状態での再独立なのです。

 

 すぐに「廃業」・・もしくはどこかに「再就職」ということも考えられました。

  

  

 

 

・・ですが、一連の出来事がこれだけ重なって、岩手への吸引力がここまで高まっているのであれば大丈夫だろう・・という「根拠のない自信」だけは消えることはありませんでした。

 

 翌日から密かに、新住協の会沢さんにも相談に乗ってもらったり、私を信頼して会社の監査役になってもらったSさんにも ご説明 と お詫び をしに行きました。

 


お2人の意見は同じでした。

 

「やっぱりな。なんであの人と白鳥君が組むのか理解できなかったよ。まだ、若いんだから問題ないんじゃない」というお返事をいただきました。

 


 会沢さんのアドバイスで、表向きは結婚するという理由で岩手に戻ることにして、菅原さんにお願いして家づくりを初の物件にさせてもらえば数か月は細々と食べていけるのでは・・いう道筋がなんとなく見えてきました。

 


 HAさんの物件は未完成でしたが、私の担当である「性能確保」までは終えているので、あとは牧田に任せても問題ないくらいに進んでいました。牧田にも事情を話し、少し困ってましたが・・納得してくれました。

 

 HAさんの精神は、私が自由にやったほうが受け継ぐことができる・・という考えも再独立の気持ちを後押ししてくれました。

 


 そんな道筋が見えるのにあまり日数は掛からず、わずか2~3日で「お詫び行脚」と「どうやってスタートを切るか」の整理がつきました。

 

 


 
 そして、私はE氏に会社を辞める話をすることになるのです。

 

 

 そこからこの物語は信じられないような展開となり、怒涛のクライマックスへと動き始めるのでした。

 

  

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.5. 1(月)

「薪ストーブ暖房」なのに「乾燥感なし」    -乾燥ストレス・ゼロの家-

先日OBさまよりお電話がありました。

 

雑談の中で

私「薪ストーブ暖房で湿度どれくらいありましたか?」

OBさま「だいたい60%くらいあって快適ですよ!」

 

一般的に薪ストーブで暖房するときは、家の中は過乾燥になります。

 

OBさまは  ●薪ストーブでお湯を沸かしていません  ●もちろん加湿器も使っておりません。

 

最近、「湿度のコントロール」の仕方がようやく見えてきました(^^)

 

別のOBさまのところに訪問したときは、こんな話もされました。

「ご近所で最近建てられた薪ストーブの家で、毎日4リットルの水を使っているそうです。それくらい加湿しないと生活しづらいようで・・」

  

こんな話を連続で聞くと、やはり「湿度コントロール」で「乾燥感のない空気感」はいいですね。

 

 

みなさんも家づくりをするときに、是非、考える要素の1つにしてください!

 

 

 

Posted at: 2017.4.25(火)

日本一のクッキー

 

久々に これはうまいっす ネタです(^^;)

 

そういえばご紹介してなかったなぁ・・と気づきました。

 

私の中では日本一のクッキーです。

「水曜屋さん」のクッキーです。

 

suiyouya kukki-.JPG 

不思議と、「また食べたくなる」のです。

 

実は、当社で毎月1回  進行中の現場周辺の住民の方にお配りしております。

 

現場でごみが飛んでいないか・・などを毎月確認するご訪問のときにです。

みなさん絶賛で、わざわざお取り寄せしている方もいらっしゃるほど喜ばれます(^^)

  

侮るなかれ・・。お店は田舎ですが、世界的に有名なクッキーをしのぐおいしさです。

すでに食べ続けて15年以上経ってます!

 

まずはプレーンを食べてそこからいろいろ食べてみてください!

 

  

 

Posted at: 2017.4.18(火)

【 流れに従って生きる ACT42:T大工さん と E氏 の顔合わせ】

 

ACT42 T大工さん と E氏 の顔合わせ

 

 私はT大工さんに木工事をお願いしたい現場の話をするため会いに行きました。

 打ち合わせの状況から考えると、牧田の縦看板を見たことがきっかけでご契約になったWG様というお客さまでした。WG様は仙台市から2つ隣の塩釜市でクレーン会社を経営している方なのですが、あまりにも知り合いの大工さんが多いため、「どこに頼んでも角が立つ」ということで、全く関係ない住宅会社に頼みたかったという特殊な事情の方でした。

 

 実はWG様との打ち合わせのとき、WG様から「請負契約は木の香の家にするから、木工事を俺の知っている腕のいい大工さんを使ってくれないか?」と依頼されていました。お仕事柄、気に入った大工さんがいるとの理由のためでした。

 


 しかし、私は「高断熱高気密という特殊な作業ですし、私が依頼している大工さんは間違いなく丁寧だから、こちらの大工さんにさせてください」と、性能を担保するため譲らなかったのです。その物件をT大工さんでやろうと考えていました。

 


WGさんも、「それじゃ内部造作だけも自分の知っている大工さんにさせてもらえないですか・・」とまで聞かれました。WG様がずいぶん粘るので、良い大工さんなんだなぁ・・と思いましたが、まずは、それぞれお勧めの大工さんのタイミングもあると思うので、それを確認してから決めましょうということになりました。

 

 私は、さっそくT大工さんに塩釜の現場の説明をしに行きました。

 仙台に戻ってきて1つめの現場なので手伝っていただけませんか・・というお願いのためでした。 

 

 仙台市内ではないけど、T大工さんの自宅からは距離的に近くなるというメリットもあり、現場への乗り込みタイミングも問題ないとの回答をいただき、基本的には木工事を引き受けてもらえることになりました。

 

 

 私が独立しての初めての仕事ということもあり、「なんとかやってやるか」・・という気持ちも感じるほど前向きになってくれました。

 

 話が前進したことで、とりあえず一度会社に来てもらい、まずは会社の様子を見てもらいながら社長であるE氏に会ってもらうことにしました。

 

 

 数日後、T大工さんが事務所に来ました。

 

 私はE氏にT大工さんを紹介しました。

 

 私 「こちらが、お世話になっていたT大工さん(E氏に対して)」

 

 私 「こちらが、社長のEさん(T大工さんに対して)」

 


 一般的なあいさつをした後、今後の現場や会社と大工さんの関係についてなんとなく話をし始めました。

 

  

 
 ところが・・・、3人で話をしているうちに、「現場をどうするか」とか、「T大工さんがどれくらい木の香の家の仕事に携われるか」・・という話はなかなか進まなかったのです。

 

 なんか変な雰囲気のまま、「沈黙」と「しょうもない雑談」が進むような会話でした。

 

 話は何も決まらないまま、本当に顔合わせ的な雰囲気になり、T大工さんも「ゆっくり考えてみます」程度の曖昧な返事になって終了しました。

 

 

その場の雰囲気から察すると・・T大工さんの感触がいまいちという感じであったのです。

 

 


 あんなに前向きに引き受けてくれそうだったのに、どうしたんだろう・・と心配になりました。

 

 


 数日後、T大工さんの現場に行って話をすることになり、そして・・その真相がわかりました。

  

 


T大工さんが重い口を開きました。

  

 


T大工さん「白鳥さん・・、俺、その仕事やらない・・・。」

 

 

 

 

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

 

Posted at: 2017.4. 1(土)

毎週の見学会の御礼

3月は毎週のように見学会があり、本当に多くの方にお越しいただきましてありがとうございました。

今後ともちょこちょこ見学会を開催してまいります。

Posted at: 2017.3.30(木)

【 流れに従って生きる ACT41:岩手へ戻る「流れ」が加速し始める 】 

 

ACT41 岩手へ戻る「流れ」が加速し始める


 私はこの頃から、E氏とは決別しようと強く思い始めていましたが、出会った3人のお客様の仕事だけは終わらせてからにしようと考えていました。まだ、正式契約までなっていませんでしたが、全てのお客さまに対して家づくりの断熱理論を熱く説明していたからです。

 

 そんな、曖昧な精神状態で仕事をしているとき、思わぬ出来事が起きました。

 

 私は現在かみさん(しばらく菅原さんと記します)とその頃付き合っていたのですが、その菅原さんからの電話でした。

 菅原さん「うちのお父さん家を建てるんだって。それで、私がプッシュしておいたから説明に来て欲しいの」という突然すぎる話です。その時点で大手Mホームと、なんと私が在籍していたCホームが営業に来ているというのです。

 

そのときは、何の流れが始まるんだ?とビックリしました。

 

 

 Cホームは私と犬猿の仲だった人が営業に来ていたので絶対に勧めさせたくなかったし、Mホームも値段の割には性能が悪かったのでお勧めできませんでした。

 しかし・・そのときの木の香の家では建てたくないという思いも出てきました。自分の彼女の実家をE氏の息が掛かった会社の物件にしたくないという思いが強く出てきたのです。

 

どうしたらいいか悩みました・・。

 


 人が家を建てるのは、一生に1回か2回・・そんなめったにない出来事が、こんなタイミングで自分の彼女の家で起きるなんて・・。もしかして「岩手に戻れ」・・という「流れ」なのか・・? 

  

頭の中がかなり混乱してきました・・。

 

 

 

 そんなときに、さらに追い討ちを掛けるような出来事が起きたのです。

 

 突然、東京で設計事務所をしているウッチーさんから電話があったのです。
 ウッチーさんは、私の先輩でACT9でも出てきましたが、私が初めて高断熱高気密住宅に携わることが出来た恩人でもありました。

 その後、5年くらい東京で設計事務所をしていたのでした。

 

 突然の電話の内容はこうでした。

 

ウッチーさん 「白鳥君、僕ねぇ・・今度、岩手に行くことになったよ!」

 


私 「え!?何でですか!?」

 

ウッチーさん 「岩手県立大学の講師にならないかって誘いがあったんだ。いろいろ考えて岩手に行くことにしたよ。」

 

私 「そうですかぁ・・。これも流れなのかなぁ・・」

 

ウッチーさん 「何?岩手に戻ろうと考えているの?」

 

ウッチーさんは、以前から私の「流れ」という不思議な出来事を何度か見ているので、すぐ理解したようでした。

 

私 「何となく・・そうなんですよねぇ・・。」

 

ウッチーさん 「E氏とは、合わなかったんだ。」

 

 ウッチーさんには、以前にE氏に会ってもらっていましたが、ウッチーさんのE氏に対する印象も実はかなり悪かったのです。

 

 


私 「それもありますし・・、実は彼女の実家で家を建ててくれという話が降って沸いてきたんですよ」

 


ウッチーさん 「まぁ何となく・・、寒研(寒地住宅研究所)の本間さんも岩手に来るみたいだし、磁力は岩手に向いている感じはするね・・。」

 

 

ん~。私はますます悩みました。

 

 

 


 仙台の3人のお客様を手がけてから退社・・にはもうひとつ理由があったのです。

 それは、私には仙台にいるうちに恩を返しておかなければならない人がいたということでした。

 

 大工さんです。

 

 仙台に居たときにお世話になったT大工さんなのですが、私に多大な期待をかけてくれた人なのでした。岩手の会社に行くときも「白鳥さんはいずれ独立する人間なんだから、仙台に戻ってきたらいつでも手伝うから」と、その後もちょこちょこ連絡を取り合い、私が仙台に戻ってくるのを待ってくれていました。
 T大工さんは大手ハウスメーカーの下請けで、最近はもっぱらツーバイフォー工法の現場が多く、軸組みをやりたいという事も言っていました。そんな事情もあり、せっかく仙台に戻ってきたのだから、1つくらいは仕事をいっしょにしたかったのです。

 


私は悩みに悩んで・・T大工さんに相談に行くことにしました。

  


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

Posted at: 2017.3. 1(水)

新しいプリウスが来ました(^^)

先月まで頑張ってくれたプリウスは36万㎞を走行しました。

「車検がほぼ通りません」という引退勧告を受けまして、新しいプリウスを購入することにしました。

 

 

新しい・・といいましても、中古車です。

NEW puri1.jpg 

 

新型プリウスにしようかとも悩みましたが、100万円で65000㎞の同じ型が有る・・という情報をいただきましたので

100万円なら確実に元が取れると判断し、今までの年式も一緒のプリウスにしました!

 

約65000㎞から新しい歴史が始まります(^^)。

NEW puri2.jpg

 

 

36万kmで約地球9周・・よくぞ頑張ってくれました(^^)

 

お疲れさまでしたm(__)m

 

Posted at: 2017.2.25(土)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11