北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

2階リビングだと・・すごいなぁ・・(^^;)

OB様からメールが届きました。

2階リビングだと性能のすごさが、顕著に伝わります(^^;)

暖房はもちろんまだ入っておりません・・。

 

20161002125143626_0001.jpg

Posted at: 2016.10. 2(日)

【 流れに従って生きる ACT36: E氏の凄さ 】

CT 36 E氏のすごさ

 

 前回までのようにE氏を書き並べると、E氏は無能な人間に捉えられてしまかもしれませんが、私からみても本当に凄いと思ったことがあります。

 それはお金の計算です。 

 

友人O君には言われていましたが想像以上でした。お金の計算にもいろいろありますが、なんといっても「その細かさ」です。

  

 現場が工事途中で資金ショートしないように、いつ着工して、毎月どれだけの支払いと収入があるか前もって計画を立てるのです。

 

 資金ショートしそうな月が予測できれば、あらかじめ取引業者さんに「〇月の支払いは半分になるかもしれません」と連絡してOKもらうのです。

 

 あらかじめ伝えて計画の範囲であれば業者さんの信用も落ちません。さらに、着工や建て方を開始するタイミングをわざとずらして、月初めに工程をスタートさせたりと工夫もしていました。

 

これは、私には斬新な光景でした。

 

 今まで、現場の実行予算を組むことはあったのですが、 「お客様からの入金予定」 と 「業者への支払い予定」 、そして 「経費にまわせる金額の予定」 の計画を、着工前に組み立てるのは初めて見たのです。

 

 この時代の家づくりをするお客様は、ほとんどが住宅金融公庫から融資を受けていたため、お客様の「手持ちの自己資金」と、「住宅金融公庫の中間金」実行日を計算しないと、工事途中で資金ショートする可能性もあったのです。

 

この事前計画は、私の頭の中では持っていない要素でもあり、実は非常に重要なことでした。

O君が言っていた「綺麗事言っても、金でつまずけば終わりだからなぁ。」の意味がなんとなくわかりました。

 

これを得ただけでもE氏と組んだ経験は非常に大きかったのですし、正直、組んでよかったと感じました。

 

 

Cホームより正直に経営的な勉強になりました。

 

  


 しかし、この細かさは度が過ぎるとあだとなります。

 

 E氏の場合は、別な面で異常に度が過ぎました。

 

 

 1円でも無駄にしたくない一心で、私と牧田の行動を細かく監視しないと気が休まらなかったのです。

 

〇 ガソリン1リットルも無駄に動いていないか・・。

〇 100円ショップで済むものを120円で買ってきてないか・・。

〇 走行メーターをチェックし「どこに行ってきたのか」・・という質問までし・・、

〇 車のヘッドライトに虫の死体がついていれば「高速使ったな!」とチェックを入れる。

〇 真夜中に電話をしてきて、今どこに居るかまでチェックする。  
 (俺はあんたの彼女じゃない・・と叫びたくなりました)

 

 

 自由にやりたくて独立したはずなのに、今までで一番の管理下に置かれた息苦しさを感じました。牧田が1ヶ月でストレスを感じるのも無理はなかったのです。

 

1円得しようとして、会社で働く人のやる気をそいで、その何倍も損するタイプだなぁ・・と思いました。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2016.10. 1(土)

うれしいお手紙(^^)

OBさまより うれしいお手紙が届きました!

毎年恒例の「夏休みお子様と思い出を作ろう(プロスポーツ観戦)」のお手紙です(^^)

kumagaisama report.jpg

 

OBさまとこんな感じでつながっていけることがうれしいです(^^)。

 

Posted at: 2016.9.29(木)

びっくりドンキーでびっくり!

先月・・びっくりドンキーでご飯を食べているとき・・

 

ビールを飲んだ方に びっくりドンキー 記念ボトル が当たる『抽選券』プレゼントの文言をみました。

 

写真をみると、なかなか味のあるデザインの記念ボトル!

私 「うわっ。かっこいいなぁ!家に飾りたいなぁ(^^;)」

全国で600名に当たる!期待できるかも・・と多いような気がしましたが・・

  

よくよく考えてみると、47都道府県で割ると1県当たり平均でたったの約12人・・しかも大都市圏で半分以上持って行かれると

地方の岩手県はせいぜい3~4人の当選なんだ・・とがっかり・・(--;)。

 

抽選券を2枚もらって、スマホで抽選・・。

1つ目は私が引いて、案の定 「残念でした」・・の文字 (^^;)。

 

娘に「もう1つ抽選してみていいよ」とスマホを渡したら・・

 

娘 「当たりました ・・て出たよ」 

 

私 「え・・!マジ!? うそでしょ・・? そんなに簡単に当たるの?」

  

 

でも・・本当に当たってました(@@;) 

  

1か月後の先日・・見事に記念ボトルが届きました!。

 

新築の家に飾ろうっと(^^)b

 

バドガール ならぬ ドンキーガール です(^^;)

 

DSC_0364.jpg

Posted at: 2016.9.14(水)

おぉ・・「韓信が・・」「韓信が・・」

録画していた大河ドラマを見たら・・

なんと偶然 真田親子の会話の中に 「韓信という人物が・・」 「韓信が・・」 「韓信とは・・」 と 韓信の名前を連呼してました!

つい先日、流れに従って生きるに「韓信」の一説を書いたばっかりだったので、

「おお、韓信だ!偶然ってすごいなぁ」 と私までテレビに入り込んで、「うんうん韓信、韓信」とうれしくなました(^^;)

かみさんにも「ほら、先日載せたばかりの大元帥 韓信のことだよ」と自分のことのように言ってました(^^;)

Posted at: 2016.9. 9(金)

【 流れに従って生きる ACT35: 「項羽」と「劉邦」 】

ACT 35「項羽」と「劉邦」

 いよいよ2001年のスタート。

 


私は仙台の(株)木の香の家に合流しました。その数日前に、私たち4人の株主(3人+ Ho建材の社長)と、Ho建材のM部長さんたちを交えて、景気づけ決起集会(飲み会)を開きました。

 

そのときの飲み会の席で、M部長さんからこんな話をされました。

 

M部長「白鳥さんは、この新会社はうまく成長していくと思っていますか?」

 

私 「ん~、そうですねぇ。ここまでの流れは間違っていないから、あとは社長次第でしょう。」

 

M部長「・・というと?」

 

私 「私や牧田をうまく使えれば、さらに、人をうまく使えれば、この会社は軌道に乗れると思います。つまりは、社長(E氏)が「項羽」なのか「劉邦」なのかで決まりますね。」

  

 

 


実は、組む相手をE氏に絞ったとき(多分2月頃)、私はE氏に「項羽と劉邦」の本を渡していました。

 

  

 

 

 
昔の社会と現在の社会は基本的には違うのですが、人の上に立って、人を動かす場合、歴史から学ぶことは決してばかばかしい事ではないと思っていたからです。

 


その本を読んで何を期待するかは言わなかったですが、少しは、参考にしてもらえるだろうと思い渡しておりました。

 

その本の中で私の記憶に残っている文言があります。

 

劉邦軍が「韓信」を大元帥に任命するときのシーンです。

 

20160829053944347_0002.jpg

 20160829053944347_0003.jpg

20160829053944347_0004.jpg20160829053944347_0005.jpg

 

私は天下を狙う・・などという大それた考えは持っていませんが、

集団の力を出すというときの考え方を、歴史の本から学ぶことは多くありました。

(実際に出来ているかどうかは別としまして^^;。志だけは心にとどめております)

 


実を言うと、人の上に立って人を動かすことの難しさを、私は経験していました。

自慢ではないですが、小学校・中学校と生徒会長をやらされていたのです。

そのときは、思うとおりに物事が運ばず、かなり悩んだ経験をしていました。

そのころの私は、なんでも自分でやらないと気がすまなかったタイプでした。所詮1人の力は1人の力であり、物事はなかなか進みませんでした。

  

他の人から力を引き出して、そのパワーを同一方向へ向ける術は持っていなかったのです。

そのため、大きなイベントをするときも、なにかと空回りすることが多く、ほとほと嫌になることが多かったのです。

小さいころの私は、人の上に立つというスタイルでは「項羽」だったかもしれません。

独裁者ではなかったですが、人の良い点を見つけて評価できず、人に任せることがなかなかできなかったような気がします。

そうすると、その団体は、結局のところ自分の器を超えないのです。

「劉邦」のように、ある程度人に任せ適正に評価する方法は、スタッフが有能であればあるほど1人のトップの器を超える団体になると、社会に出て10年くらいになる私は自分なりの答えを出していました。

もちろん好き勝手に暴走しないルールは必要ですが・・。

 

「項羽と劉邦」では最後に、力で強い項羽が負けてしまうのですが、最後にこんな一文もあります。

20160828_180125055 ko.jpg

  

そんな価値観を私は持っていたので、E氏がこれから増えるかもしれないスタッフをどうやって動かしていくかで、この新会社は成長するかどうかが決まるのだろうと感じていました。

 

少なくとも、私と牧田が 「よし頑張ってやってやろうじゃないか!」 というモチベーションに出来るかどうかがポイントだと感じました。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2016.9. 1(木)

夏休み思い出づくり企画 レポートが届きました(^^)

ことしの夏休みも全国的に終わりました。

また来年も多感な時期のお子様に良い思い出ができるようサポートしていきたいと思います(^^)/

 

感想文塚田さま.jpg

 

塚田さま.JPG

Posted at: 2016.8.31(水)

社会の歯車も100冊完了

独立して約15年・・法人となって13年くらいだと思います。

 

当社では各現場ごとに通帳を分けて管理しております。

 

そして、「木の香の家」⇒「現場に携わった各業者さん」に工事代金を送金する『送金通帳』なるものがあります。

 

最近・・この『送金通帳』が100冊を超えました。

 

100冊目.jpg

こうやって100冊を超えると感慨深いものも出てきます。

 

社会の歯車として、適正な工事費を頂戴し、業者さんを過度にいじめることなく、バランスを取りながら100冊も社会の歯車としてやってこれたんだなぁ・・としみじみ感じます。

 

性能もきちんと確保する家づくりをしながらの舵取りなので、非常に難しいものです。

 

そんな板挟み状態でバランスを保つのが会社経営者ではあるのですが、振り返ると「やはり簡単ではなかったよなぁ」・・と、やはりしみじみ感じます。

 

 

これを書いててうれしく思い起こすのは、そんな難しい舵取りをしながらも、当社のOBさまがご自身の兄弟や子供の家づくりのときに当社を推薦してくれる方が多いことです。

 

そういえばローコスト住宅会社に勤めていたときは、ほとんど無かったなぁ・・

 

 

社会の歯車としての金銭的バランスを取りながらも、そんな家づくりをさせていあただいことに

お客様に本当に感謝申しあげます(^^)

  

そして、100冊突破に、一応・・及第点です。

 つぎの200冊突破に向かって、頑張っていきます。

 

 

 

Posted at: 2016.8.24(水)

夏休みお子様の思い出づくり企画 ファールボールGETだぜ!!

夏休みにお子様の思い出づくり企画で 楽天イーグルスを観戦に行ったOBさまが

なんと ファールボールをGETしたそうです(@@)。

すごい強運です。

実はこのOBさまは、以前に外野席でホームランボールをキャッチしたことのある方なのです!。

  

良通感想.jpg 

DSC_0125.JPG

Posted at: 2016.8.21(日)

夏休みも終わりですね。子供の思い出づくりレポートが届きました(^^)

20160818050150048_0001.jpg

1471171953157.jpeg

 

 

 

 

 (8月19日追加)

山本さま.jpg

 

 

こちらも、お子様の思い出づくりのお手伝いが出来てうれしく思います(^^)。

来年も続けていきます!。

 

 

Posted at: 2016.8.18(木)

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

skogのいえ