北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

【 流れに従って生きる ACT44: E氏の攻勢 】

ACT 44 E氏の攻勢

 数日後、私はE氏に会社を辞めることを伝えました。

 

理由をなんと話したか忘れてしまいましたが、とにかく、考え方がかなりずれているという意味合いは伝えたと思います。

 


 それを聞いたE氏の攻勢は、私の予想をはるかに上回るほどすごかった・・というか・・すさまじいものがありました。

 


「おまえは絶対にお金で失敗する」と脅したり、すかしたり、なだめたり、わびたり、その喜怒哀楽の激しさといったら、尋常な人間がする行為には思えないほどでした。

 

 おかしいとも感じました。

 

 私が社長だったら、辞めたいという人間を会社に置いていても仕方ないので、あっさり認めるだろうなぁ・・と想像できたからです。嫌々仕事するくらいなら辞めてもらって、お互いに次のステップを踏むように話すだろうなぁ・・と想像できました。


E氏が何故そこまでして、辞めさせないように怒鳴ったり、組もうと歩み寄ったりするのかが理解しづらいものがありました。

 

 E氏の怒涛の攻勢は1か月も続きました。脅しの内容はいつも同じで「こういう理由でお金でつまずき、お前は人生を棒に振る」というものでした。
 散々脅したあとでなだめるときは「今、うちの会社には4000万円の現金がある。少し貸してやってもいいぞ」という譲歩案もありました。

 

 私は、これもおかしいと思いました。

 

 4000万円は一時的に入金された工事代金であり、その8割~9割は支払いにまわり、会社の運営費用も考えれば数%しか使える資金は無いはずなので、数か月後にはほとんどが消えるお金なのです。あたかも、その4000万円がず~っとあるように表現している感覚に違和感を覚えました。

 

 もちろん、お金なんて借りたら、何十倍もの「貸し」に化けることは分かっていましたし・・、再独立に向けて強い流れも感じて腹も決まっていたので、そんな茶番劇に動じることはありませんでした。
 私を信頼して出資してくれたHo建材の社長さんには、何度も事情を話して最終的には理解してもらいました。

 

 

 1ヶ月ほどの攻勢でも折れないことが分かったE氏は、私に会社を辞める代わりとして2つの条件をだしてきました。

 

 


 1つは、その時点で私が担当して契約寸前だったお客さま(STさま)の引継ぎでした。私の手紙でここまで話が進んだので心苦しかったのですが、STさまには、E氏の方から「白鳥が結婚するので岩手に戻る」という電話をするので、私から一切の連絡をとらないことを言われました。
私から電話すれば契約すら壊れると警戒したのでしょう。

私は快諾し、「どうぞご自由に」・・という思いでした。


もう1つは、私が居なくなるとE氏にとってHo建材の社長の存在は邪魔でした。

 


「株式会社」の称号は取れているし仕事も見えている状態なので、株を買い取ってHo建材の社長さんには、株主から抜けてもらうように私に協力しろ・・ということでした。

 


これも、問題ないと思い快諾しました。

 

 Ho建材の社長にとっても、私が居ない会社に出資する義理もないと思うので、すぐにOKしてくれると思いました。

 

 私は2つの条件を飲むことでE氏をようやく説得でき、次のスタートのための準備に取り掛かりました。

 菅原様邸を初めての物件にさせていただくお願いや、周りの人へのあいさつなど周辺整理に日々を費やし、ほぼ事務所には行かなくなりました。

  

 


 しかし、ここから思わぬ方向へ話が展開していくのです。

 

 


数日後、突然、私の携帯電話にST様(お客様)から電話が掛かってきたのです。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.6. 1(木)

展示場 定期見学会の御礼 -夏の疑似体験-

そういえば・・先週の 「実験ハウス 兼 展示場 (乾燥感の無い高断熱住宅)」の定期見学会にお越しいただきましてありがとうございました(^^)

 

御礼するの忘れておりました(><)

 

当日は5月とは思えない30℃超えで、夏の疑似体験が出来ました。

 

まず、皆さん「こんなに窓が多くて、夏は暑くないんですか!?」の疑問から入ります(^^;)。

 

gaikann.jpg (この日射の当たり方は3月くらいの写真です)

 

 

その日の実験ハウスの室温の経過をレポートします。

エアコンは使っておりません。

DSC_1405.jpg見学会スタート直前の 9時50分で 外気温22.7℃(右の下の表示)  室温23.7℃(右の上の表示)

 

 

DSC_1406.jpgお昼頃には 外気温28.4℃  室温25.5℃

 

このあたりから温度差による涼しさを明らかに感じます。

 

 DSC_1414.jpg

毎回、皆さんにご予約をいただきましてありがとうございます(^^)

 

小さいお子さんのためにも、夏涼しく・冬「乾燥感のない」高断熱住宅にしたいですね!

DSC_1409.jpg 

DSC_1408.jpgほどよく暑い時間帯は直射日光をカットしてますので窓が大きくてもセーフです!

 

 

一時、31℃くらいになりましたが・・

3時前には落ち着いて・・

DSC_1416.jpg2時50分 外気温30.4℃  室温26.9℃(エアコンなし)

 

です。

 

夏の体験見学会を 7月29日・30日で予定しております!

(新住協岩手支部 夏の一斉見学会の一環で行います)

 

 

梅雨明けして、今回よりすごい状態が見れれば最高ですね(^^)。

 

 

是非、来て体感してみてください。

 

予約を近々開始いたします!

 

Posted at: 2017.5.27(土)

OBさま 訪問(仙台)先日の暑さでも室内は22℃

一昨日、仙台のOB様を外観写真撮るために訪問してきました。

 

そこでお話しいただいたのは、

 

「先日の30℃超えの暑い日・・家の中が22℃だったんですよ。なんでこんなに涼しいの?・・とビックリしました」ということでした(^^)

 

IMG_2267 軽くした.jpg 

東側に森林公園もあり、午前中の直射日光がはいらない+木の下にある涼しい空気だまりも 夏の涼しさに一役買っていると思います(^^)

 

200㎜断熱の家、夏のレポートでした。

Posted at: 2017.5.26(金)

5月なのに夏のような見学会(^^;)

 

昨日は 実験ハウスの 定期見学会でした。

 

多くのお客様にお越しいただきましてありがとうござました(^^)

 

昨日は5月にも関わらず外気温31℃まで達する夏のような暑さでした。

 

運良く、高断熱住宅の夏の涼しさ体験になりました!

<見学会開始 直前で外気温22.7℃ 室温は23.7℃です> 

DSC_1405.jpg 

 

<ご来場していただいたご家族も、夏の室温安定さを疑似体験>

DSC_1414.jpg 

<午後2:50 外気温は30.4℃ それでも室温は26.9℃と安定してました(^^)>

DSC_1416.jpg 

7月の見学会は梅雨明けの 7月29日・30日を予定しております。

夏の木の香の家の室温環境を体験してみたい方は是非ご応募ください!

 

Posted at: 2017.5.22(月)

「プリウス 走行距離」で検索

昨日、お客様からLINEが入りました。

 

「プリウスを買おうと思って、『プリウス 走行距離』で検索したら、白鳥さんのブログがトップページに出てきましたよ!」

との連絡でした。

早速、入力してみたら・・ マジでトップページに出ます!。

「走行距離30万kmのタイミングで、ガソリン一満タンで1100km走った

 びっくり記録のブログ」です(^^)。

 

トヨタさんに表彰してもらいたいなぁ・・(^^;)

 

Posted at: 2017.5. 9(火)

GW  家族サービス 「5きげんグルメ祭り」

昨日、GWの家族サービスで  「5きげんグルメ祭り」 に行ってきました(^^)

DSC_1322.jpg  

 

人はごちゃごちゃで、あまりにも行列の長いところは避けながらの ランチ調達

DSC_1317.jpg

 

テレビでよく名前が出る、「叙々苑の焼肉弁当」をゲット!(田舎者です^^;)

叙々苑の弁当がすぐに買えたのは、並んでいる人が多くなかったのですが・・理由は「田舎感覚から見て、予想外に高価(@@;)です。」・・。 

でも、今までの焼肉弁当とは違うと感じました!おいしい! 

DSC_1320.jpg   

岩手山をバックにランチタイム

1493879278398.jpg 

その後、娘の一番のお目当ては、「原宿わたあめ」?。こちらも、最近テレビに出て、どうしても食べたい一品だったらしいです。

スノー?を使って記念写真(時代に付いていけない・・)

1493879261061.jpg  

1493879253773.jpg

 

お土産は ティらぷり です。

これは今日食べる予定です(^^)

1493879295782.jpg

 

Posted at: 2017.5. 5(金)

【 流れに従って生きる ACT43: 決心 】

 

ACT43  決心

 

 T大工さんの「俺、その仕事やらない」の一声に、私はびっくりしました。

 

 


 私「え・・何かあったんですか?」

 明確な理由が分からない私は、こういう聞き方しか出来ませんでした。

  

 

 

T大工さん「白鳥さん...、なんであんな奴と組んだのや?」

 

「俺は大工だけど、人を見る目はそこそこ持ってるぞ。」

 

  

 

「あれは『人を疑う目』だ。」

 

  


「俺の目を見ながら、俺が何を考えているやつなのか・・探りながら会話してた。」

「白鳥さんの仕事はしたいが、あいづの仕事はしたくねぇ。」

 

 


「白鳥さん、あいづと別れろ。1人でもやれるはずだ。そのときはいぐらでも手伝うがら・・。」

  

  


その話を聞いて、私は心の中ですぐに決心がつきました。

 

 

 


T大工さんが一目で嫌になったのなら、この会社に居ても何の恩返しにもならない。

 

 

 

 

 

 

会社を辞めよう
 

 

 

  

 

 


独立して3人で組んでから半年も経たないうちの決別です。


みっともない気もしましたが、これだけ一気に「流れ」が来たのなら間違いないだろうと・・割り切って考えるしかありませんでした。

 

 一晩、布団に入りながら「決心」について自問自答もしましたが、1回目の独立とは違ってスッキリした気持ちになり、あっという間に心の整理がつきました。

 


 もちろん、なんの保証もない無謀な行動ではあります。

 

 約束された仕事は全く無く、動かせるお金も20万円~30万円の貯金しかない状態での再独立なのです。

 

 すぐに「廃業」・・もしくはどこかに「再就職」ということも考えられました。

  

  

 

 

・・ですが、一連の出来事がこれだけ重なって、岩手への吸引力がここまで高まっているのであれば大丈夫だろう・・という「根拠のない自信」だけは消えることはありませんでした。

 

 翌日から密かに、新住協の会沢さんにも相談に乗ってもらったり、私を信頼して会社の監査役になってもらったSさんにも ご説明 と お詫び をしに行きました。

 


お2人の意見は同じでした。

 

「やっぱりな。なんであの人と白鳥君が組むのか理解できなかったよ。まだ、若いんだから問題ないんじゃない」というお返事をいただきました。

 


 会沢さんのアドバイスで、表向きは結婚するという理由で岩手に戻ることにして、菅原さんにお願いして家づくりを初の物件にさせてもらえば数か月は細々と食べていけるのでは・・いう道筋がなんとなく見えてきました。

 


 HAさんの物件は未完成でしたが、私の担当である「性能確保」までは終えているので、あとは牧田に任せても問題ないくらいに進んでいました。牧田にも事情を話し、少し困ってましたが・・納得してくれました。

 

 HAさんの精神は、私が自由にやったほうが受け継ぐことができる・・という考えも再独立の気持ちを後押ししてくれました。

 


 そんな道筋が見えるのにあまり日数は掛からず、わずか2~3日で「お詫び行脚」と「どうやってスタートを切るか」の整理がつきました。

 

 


 
 そして、私はE氏に会社を辞める話をすることになるのです。

 

 

 そこからこの物語は信じられないような展開となり、怒涛のクライマックスへと動き始めるのでした。

 

  

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.5. 1(月)

「薪ストーブ暖房」なのに「乾燥感なし」    -乾燥ストレス・ゼロの家-

先日OBさまよりお電話がありました。

 

雑談の中で

私「薪ストーブ暖房で湿度どれくらいありましたか?」

OBさま「だいたい60%くらいあって快適ですよ!」

 

一般的に薪ストーブで暖房するときは、家の中は過乾燥になります。

 

OBさまは  ●薪ストーブでお湯を沸かしていません  ●もちろん加湿器も使っておりません。

 

最近、「湿度のコントロール」の仕方がようやく見えてきました(^^)

 

別のOBさまのところに訪問したときは、こんな話もされました。

「ご近所で最近建てられた薪ストーブの家で、毎日4リットルの水を使っているそうです。それくらい加湿しないと生活しづらいようで・・」

  

こんな話を連続で聞くと、やはり「湿度コントロール」で「乾燥感のない空気感」はいいですね。

 

 

みなさんも家づくりをするときに、是非、考える要素の1つにしてください!

 

 

 

Posted at: 2017.4.25(火)

日本一のクッキー

 

久々に これはうまいっす ネタです(^^;)

 

そういえばご紹介してなかったなぁ・・と気づきました。

 

私の中では日本一のクッキーです。

「水曜屋さん」のクッキーです。

 

suiyouya kukki-.JPG 

不思議と、「また食べたくなる」のです。

 

実は、当社で毎月1回  進行中の現場周辺の住民の方にお配りしております。

 

現場でごみが飛んでいないか・・などを毎月確認するご訪問のときにです。

みなさん絶賛で、わざわざお取り寄せしている方もいらっしゃるほど喜ばれます(^^)

  

侮るなかれ・・。お店は田舎ですが、世界的に有名なクッキーをしのぐおいしさです。

すでに食べ続けて15年以上経ってます!

 

まずはプレーンを食べてそこからいろいろ食べてみてください!

 

  

 

Posted at: 2017.4.18(火)

【 流れに従って生きる ACT42:T大工さん と E氏 の顔合わせ】

 

ACT42 T大工さん と E氏 の顔合わせ

 

 私はT大工さんに木工事をお願いしたい現場の話をするため会いに行きました。

 打ち合わせの状況から考えると、牧田の縦看板を見たことがきっかけでご契約になったWG様というお客さまでした。WG様は仙台市から2つ隣の塩釜市でクレーン会社を経営している方なのですが、あまりにも知り合いの大工さんが多いため、「どこに頼んでも角が立つ」ということで、全く関係ない住宅会社に頼みたかったという特殊な事情の方でした。

 

 実はWG様との打ち合わせのとき、WG様から「請負契約は木の香の家にするから、木工事を俺の知っている腕のいい大工さんを使ってくれないか?」と依頼されていました。お仕事柄、気に入った大工さんがいるとの理由のためでした。

 


 しかし、私は「高断熱高気密という特殊な作業ですし、私が依頼している大工さんは間違いなく丁寧だから、こちらの大工さんにさせてください」と、性能を担保するため譲らなかったのです。その物件をT大工さんでやろうと考えていました。

 


WGさんも、「それじゃ内部造作だけも自分の知っている大工さんにさせてもらえないですか・・」とまで聞かれました。WG様がずいぶん粘るので、良い大工さんなんだなぁ・・と思いましたが、まずは、それぞれお勧めの大工さんのタイミングもあると思うので、それを確認してから決めましょうということになりました。

 

 私は、さっそくT大工さんに塩釜の現場の説明をしに行きました。

 仙台に戻ってきて1つめの現場なので手伝っていただけませんか・・というお願いのためでした。 

 

 仙台市内ではないけど、T大工さんの自宅からは距離的に近くなるというメリットもあり、現場への乗り込みタイミングも問題ないとの回答をいただき、基本的には木工事を引き受けてもらえることになりました。

 

 

 私が独立しての初めての仕事ということもあり、「なんとかやってやるか」・・という気持ちも感じるほど前向きになってくれました。

 

 話が前進したことで、とりあえず一度会社に来てもらい、まずは会社の様子を見てもらいながら社長であるE氏に会ってもらうことにしました。

 

 

 数日後、T大工さんが事務所に来ました。

 

 私はE氏にT大工さんを紹介しました。

 

 私 「こちらが、お世話になっていたT大工さん(E氏に対して)」

 

 私 「こちらが、社長のEさん(T大工さんに対して)」

 


 一般的なあいさつをした後、今後の現場や会社と大工さんの関係についてなんとなく話をし始めました。

 

  

 
 ところが・・・、3人で話をしているうちに、「現場をどうするか」とか、「T大工さんがどれくらい木の香の家の仕事に携われるか」・・という話はなかなか進まなかったのです。

 

 なんか変な雰囲気のまま、「沈黙」と「しょうもない雑談」が進むような会話でした。

 

 話は何も決まらないまま、本当に顔合わせ的な雰囲気になり、T大工さんも「ゆっくり考えてみます」程度の曖昧な返事になって終了しました。

 

 

その場の雰囲気から察すると・・T大工さんの感触がいまいちという感じであったのです。

 

 


 あんなに前向きに引き受けてくれそうだったのに、どうしたんだろう・・と心配になりました。

 

 


 数日後、T大工さんの現場に行って話をすることになり、そして・・その真相がわかりました。

  

 


T大工さんが重い口を開きました。

  

 


T大工さん「白鳥さん・・、俺、その仕事やらない・・・。」

 

 

 

 

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

 

Posted at: 2017.4. 1(土)

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

skogのいえ