北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

ビッツ30万㎞物語  最終回 -さよならビッツ-

 

 

 

ビッツ 長い間お疲れさまでした・・。

  

 

 


私とあなたは、平成14年、私が独立するときに出会いましたね。


走行距離 わずか約3000kmという中古車でしたが

起業する私は、「長くがんばってくれよ」と、大きな期待をしていました。

 


なにせ、お金がないのですから・・(^^;)

 

 

あなたは、日本一 面積の広い県である岩手県内、そして、仙台まで何度も何度もよく走ってくれました。 

 

雨にも負けず、風にも負けず、雪にも負けず、

まさに、宮沢賢治のふるさと岩手にふさわしい、がんばりを見せてくれました。

 

 

 

走り続けて5年、サッカーワールドカップドイツ大会開催中、走行距離222,222kmを記録しましたね。

 

 そのときは日本が2位になるのかな・・と本気で期待しましたが、無残な予選リーグ敗退となり、全く関係ありませんでした・・(^^;)

 


走行距離も20万kmを超えたので・・私は、そろそろ引退時期なのかな・・と思い、車検を通すか、新しい自動車に替えるか、随分と悩みました。


そろそろファミリーカーも必要かな・・という思いもあり、新車の見積もりを取ったり、試乗をしたりと、気持ちの半分以上が、あなたの引退と新車購入という方向に向いていました。

 

私の「人生初の新車」・・という色気も多少ありましたが・・(^^;)。

 


しかし・・、不思議な見えない力がいろんな場面で働きだして、
新車購入の「流れ」は徐々に薄れていき、「もう1度車検を通せ」・・という「流れ」が強くなっていきましたね。

 

あの不思議な力は、あなたの「まだいっしょに走ろうよ」という念力だったのでしょうか・・。

 


私も、車検を通した後は、「これでよかったんだ」という、
不思議と納得感がありました(^^)。

  

 

それからの2年間は、「いつ、走れなくなるか」・・という心配の思いと、どうせだったら「30万kmを超えよう」という目標達成への思いの両方を抱きながらの日々でしたね。

 


25万km付近での、エンジン注意ランプの点灯

 

26万km付近での、エンジンストール

 

何度も、もう終わりか・・とヒヤヒヤしました・・。

 

それでも、老体に鞭打ち、よく走り続けてくれたね。

 

 


そして、思い出の平成20年3月22日。
記念すべき走行距離30万km達成の瞬間・・。
まさか、あんなオチがあるとは、予想だにしませんでした(^^;)

 

299999km.jpg 


いい思い出です。

 

 


そして、いよいよ、引退の2ヶ月前の平成20年7月・・。
さすがに今回は9月の車検で引退と決めていたので、
2年前に買おうと思っていた 車種K の新車を購入しようと決断しました。

 


とうとうあなたとお別れ準備か・・という思いと、人生初の新車という うれしい気持ちと複雑な思いでディーラーに行きました・・。

  

そこで・・営業マンさんのまさかの発言に、唖然としました。

 

 

 


「その車種は、昨年で生産終了です。」

 

ガーーーーーーーン( ̄O ̄;)

 


・・・・・( ̄O ̄;)

 

 


結局、悩みましたが、一度買おうと思った車種を諦められず、中古車で購入することになりました(--;)。

 


「お前は、まだまだ新車に乗る器でないよ・・」という、あなたの声が聞こえそうです・・。

 


ありがとう・・。身の丈にあった経済活動を肝に銘じます・・。

 

 


9月12日(金)・・、

 


その日は、自動車 K が届く日でした。

 

昨日までの連日の晴天とは違い、その日は朝から、強くもなく弱くもない雨がシトシトと降っていました。

自動車 K が届いた11時頃もシトシト・・。

 


午後になり、ようやく雨も上がり、日が差してきましたが・・、あれは、あなたの涙雨だったのでしょうか・・。

 


私は、感慨深げに、そう言わざるを得ませんでした(--)。

 


かみさんも、しんみりと言ってくれました。

 


「 単なる偶然じゃない・・ 」


・・・( ̄O ̄;) ←俺

 

 


それから9月19日の引退の日まで、残り少ない日々を感慨深げに走り続けましたね。

 


走行距離32万kmは難しいかな・・と思っていましたが、引退2日前に遠方の久慈市まで行く会合があり、その甲斐あって9月17日に走行距離 31万km+9,992kmに・・・。


9月18日の引退前日に、見事に32万kmを達成し、花を添えることも出来ました。

 

 


9月19日(金)・・引退当日・・。
その日は、私とあなたで、最後の現場巡りをしましたね。
 

 

7年間のいろいろな思い出が走馬灯のように浮かんできました。

 

 

たくさんの現場へ走ったな・・と。

 

7年間・・長いようで、短かったと・・。

 

 


その日の車中のBGMは 小田和正の 言葉に出来ない~あなたに会えてよかった~ でしたね。

(言葉にできないオルゴールバージョン)

 


その日は、ずっと・・ずっと・・その曲ばかり流して走ってましたね。

 


11時ころ 引退前、最後に一度自宅へ戻ると、ちょうどかみさんが居て、その車中から流れる曲を聞いたかみさんがしんみり言ってくれました。

 

  

 

「 バカじゃないの・・(^^;) 」

 


・・・( ̄O ̄;) ←俺

 

 

ガソリンメーターも点滅し続けて、最後の時間(とき)が迫っていることを告げていました。
 

 

そして、昼前に最終走行を終えて、ネッツトヨタに到着・・。

 

 

最後に加算する走行距離を見ようとサブメーターに切り替えたとき・・

 


その数値にマジで目を疑いました。

 

 

 


77.7km!

 

 

 


あなたの声が聞こえたような気がしました・・。

 

 


「これでいいのだ」...と。

 

 

 


あなたに会えてよかった・・

 

 

 

 


ありがとう・・ビッツ

 

 

 

 

そして・・、おつかれさま・・

 

 299999km family.jpg

 

 

 

 

END

 

 

 

 

Posted at: 2015.8.10(月)

ビッツ30万㎞物語  ACT5 その後・・

ACT5:ビッツ 走行距離30万kmを越え その後・・

ビッツは、平成20年3月22日に、見事30万kmを記録?したあと、9月の最終車検に向かって残りの日々を軽快に走っていました。

 

そして、平成20年6月28日 ビッツの走行距離がなんと・・・


約31万kmを突破しました(^^)

 

メインメーターは、あいかわらず299,999km・・なのですが・・、サブメーターが9999.9kmの次・・カウントが0に戻りました(^^)。

  

1万km加算ですので、約31万kmを記録しました。

VI 1.jpg

(あいかわらずのメインメーター 299,999km)

VI 2.jpgVI 3.jpgVI 4.jpg(サブメーターで 1万km加算)

 

9月の引退まで32万kmいくかどうか・・気になり始めてきました(^^;)。


でも老体に鞭打っていたので、無理はさせれません・・。そろそろクールダウンですかねぇ・・。

 

 

 

次回、最終回  「さよならビッツ」  感動のポエム調でお届けいたします。

 

 

  

【 ビッツ30万km物語は毎月10日に更新していきます 】 

 

Posted at: 2015.7.11(土)

ビッツ30万㎞物語 【過去ブログ】 ACT4 ―終焉?-

ACT4:終焉?

 

ビッツは、ゆっくり自宅へと向かい、自宅から約1㎞手前のエネオスガソリンスタンドの交差点を通過・・。

 

その時の走行メーターは・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 299,999km 】のまま!

 

 

 


「やったぁ(^^)。諦めずにがんばってよかった!これで、自宅でぴったり300,000の表示が見られるゥ。」

 

 私は、1日の努力の達成感に笑顔になり、あとは、30万kmの瞬間だけ見逃すまいと、車をゆっくりと走らせながら、ちらちらと走行メーターを凝視していました。

 

・・・

 

 

・・・
 

 
 

 あれ?・・

 おかしいなぁ・・

 

 自宅まで、あと500mを切ってきたのに、走行メーターは【 299,999km 】から上がらないなぁ・・。思ったより近かったのかなぁ・・

 

 ・・・ 

 

 ・・・

 

 

 うそ・・。

 

 もしかして、300,000のデジタル表示が無いの( ̄0 ̄;)?

 


 自宅まで残り100m・・・

 

 ガーーン( ̄0 ̄;)

 

  マジで、299,999以上、上がらない( ̄0 ̄;)

 

  ・・・

 

 自宅に・・とう ちゃく・・・

 

 

 

 ガーーーーーーーーン(-_-;)・・

 

 
最終走行距離【299,999km】

 

 


 300,000km・・・長年の目標だったのに・・・( ̄_ ̄;)
  

 

 TOYOTAさん・・。ビッツで30万km走るのは、想定外だったのでしょうか?

 

 


 私は、走行メーターが299,999で止まるのが、想定外でした(--;)

 

 

 


 こうして、私の長年の目標でもあり、ホームページでもレポートしていたビッツ30万km日記は、目標を達成しないまま、終焉を迎えてしまいました(--)

 

 

でも・・ 気を取り直して、子供たちと記念写真です(^^)

(平成20年3月22日に撮影) 


 ビッツは、平成20年9月の車検まで乗りました(^^)
 あと、どれくらい走るか・・。

 

ここから未公開の続編があります。ACT5をご期待ください(^^)

 

【ビッツ30万km物語(過去ブログ記事)】は毎月10日にアップしていきます。

Posted at: 2015.4.10(金)

ビッツ30万㎞物語 【過去ブログ】 ACT3-ファイナルカウントダウン―

ACT3:ファイナルカウントダウン?

 ビッツは、「走行距離300,000kmピッタリの表示で自宅にたどり着く」・・という無意味な目標に向かって、北上市内を最短距離で走りながら、最終走行に入っていました。

 

 北上インターを降りて、ジャスコの交差点を右折・・ある程度まっすぐ行ったところで、走行距離が1kmUP

 

【 299,998km 】

 

 

 

「げ(OO;)もう、あと2kmしかない。ダメかなぁ・・」

 

しかし、目の前に「まだ諦めるな!」とばかりに、斜めにショートカットできる細道を発見。「そうだ、この近道を進めば!」と、その交差点を左折。メーターをチラッチラッと見ながら、心の中で「まだ、(メーター)上がるなよ」・・とつぶやいていました。

 

 何とか長いショートカットを超え、4号線の交差点へ到着・・と同時に走行距離は


【 299,999km 】

 


 

 

「ああ、もう無理だぁ( ̄0 ̄;)。ここから自宅までは、多分2kmはある・・」

 

「せっかくここまで来たのに・・」
と、失意の中に叩き落されました。

 

 

 

・・が、

 


またまた、「まだ諦めるな!」とばかりに、私の頭の中にひらめきが・・。

 


 

「300,000kmを超えても、プラス999mまでは、デジタル表示は300,000のままじゃないか!。そう考えれば、残りは1kmではなく、1999mある!」。

 

 

私は、一筋の光明を見出したように、最後の希望を持って、4号線を自宅に向けてビッツを走らせました。

 

私は、メーターが30万kmに変わる瞬間を見逃すまいと、前方の車との車間距離を大きくとって、チラッチラッと、走行メーターに目をやりながら、ゆっくりとビッツを走らせました。

 


 長年の目標であった30万kmなのです。

 


その瞬間を見逃したら、一生の悔いになると思い、絶対にその瞬間を見ようと、瞬きの回数を極力減らして、走行メーターを見ていました。

 

 

それと同時に、頭の中では、「次のエネオスのスタンドがある交差点までたどり着いて、その時点でメーターが299,999kmのままだったら、自宅で30万kmピッタリを達成できるぞ!」と思っていました。長年の経験則で、その交差点から自宅までが約1kmと分かっていたからです。

 

 ビッツは渋滞の中、ゆっくりゆっくりと最後の瞬間を噛み締めるように、エネオスのガソリンスタンドがある交差点へ近づいていきます。

 


 

私は心の中で「まだ(メーター)上がるな。上がるな。こらえろ。こらえろ。」と念力を送っていました。

 

 そして、ついに、ビッツは、エネオスのある交差点を・・

 
 通過・・

 


走行メーターは・・


  

 

  

 

 

つづく・・

 

【ビッツ30万km物語(過去ブログ記事)】は毎月10日にアップしていきます。

 

 

 

Posted at: 2015.3.10(火)

ビッツ30万㎞物語 【過去ブログ】 ACT2-最終走行―

ACT2:カウントダウンへむかって最終走行

 その日の見学会を無事終えて、いよいよ、ビッツは長年の目標であった走行距離30万kmに向かって、最終走行へ入りました。

 


 
 見学会場を出て、交差点を2つ曲がり、3つ目の信号に差し掛かる前に、


走行距離は【 299,950km 】を指しました。

 

 
盛岡インターから高速道路に乗り、北上インターへ。

 

  


北上インターを降りた時点で、走行距離は、なんと・・

 

 

 

 

【 299,997km! 】

 


「げっ(@@!。自宅まで何kmだっけ?)」

 


30万kmピッタリで自宅にたどり着けるかどうか・・本当にギリギリの世界に入ってきました。

 


そこからは、最短距離の道を選んで自宅まで行かないと30万kmぴったりでの帰宅は厳しいと感じ、私は、裏道でもいいので、斜めにショートカットできる道を選んで、車を走らせようと考えました。メーターを気にしながら・・。

 


30万kmまでの最後のカウントダウンをゆっくり噛み締めつつも、

 

 

30万kmピッタリで自宅に到着させる・・という無意味な目標に焦りを抱きながら、

 

 

自分だけの世界に入っていました。300,000km と 300,001km では価値が違うと・・。

 

 

ここから、ドラマが生まれるのです・・。


つづく・・。

 

 

【ビッツ30万km物語 (過去ブログ記事)】 毎月10日にアップしていきます

Posted at: 2015.2.10(火)

ビッツ30万㎞物語 【過去ブログ】 ACT1-記念日の朝―

ACT1:記念日の朝

 ついにこの日が来ました...。
会社の創業以来 私と苦楽を共にしてきた愛車ビッツが走行距離30万kmにあと一歩と迫っていました。

平成20年3月22日(土)の朝の自宅。
この時点で、走行距離は【 299,890km 】。30万kmまで残り110km。

この日、私は、北上市から40~50km離れた盛岡市で住宅見学会を行う予定だったので、往復距離を考えれば、ほぼ確実に30万kmを達成することが見えていました。

 


 その日の天候は快晴で、この記念すべき日を祝福するようであり、私の気持ちもワクワクしていました。出来れば30万kmをピッタリで自宅に戻って来て、子供たちと記念写真撮りたいなぁ(^^)・・と。

 

 朝の打ち合わせを終えて、私は、11時過ぎに見学会場に向かうため、北上インターに車を走らせ、高速道路に乗る直前にメーターを見ました。

 

走行距離は【 299,900km 】。30万kmまで残り100km。


 

「見学会場まで片道どのくらいの距離だったかなぁ・・下手すると、帰りの高速道路の途中で30万kmになるかも・・」と一抹の不安を抱きながら盛岡市に向かいました。

 

 

 見学会場に着くと・・、走行距離は【 299,948km 】
「おお!もしかすると本当に自宅で30万kmぴったりかも!」

 

多いな期待をもって、残りの走行距離を楽しみにしてました。

 

 

【ビッツ30万㎞物語は 毎月10日に更新していきます】

Posted at: 2014.12.10(水)

1

skogのいえ