北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

超緩勾配のリスク -その⑤-

前回まで、超緩勾配での水のキレにつきまして、7分勾配までお伝えしました。

 

いよいよ今回が最後のレポートです(^^)

 

実験の続きで 8分勾配(8/100)です。

 

 

微妙に切れかかっていますが、防水紙までつながっている様子は同じです。

 

 

 

9分勾配(9/100)です。

 

 

基本的に8分勾配と変わらない印象です・・(^^;)

いったいいつになったら・・切れた感 が 出るのだろう・・

 

 

・・と思った矢先・・

 

 

 

1寸勾配(10/100)

 

あれ・・?

水が切れた・・!。

数値も10/100とキリがいいが・・水も切れた・・!

 

この辺が、軒先端から水を吸い上げて被害が起きない勾配の分岐点かな・・。

 

 

 

ついでに1寸5分勾配(15/100)

 

 

おお・・短時間で水が切れる!

 

 

 

 

さらについでに2寸勾配(20/100)

 

 

いいねエ・・(^^)b

 

 

こんな変な実験をした結果の考察としまして・・

 

屋根は1寸勾配以下にするのは、軒先についていろいろ注意が必要だな・・ということです。

 

さらに軒の出も少ないようなデザインだと、その被害は広がります。

 

0勾配を無理とは言いませんが、長い年月でのトラブルを避けるために、

皆さんが屋根勾配について考える参考になれば幸いです(^^)

 

 

 

 

Posted at: 2014.11.10(月)

超緩勾配屋根のリスク -その④-

超緩勾配屋根のリスクにつきまして・・

前回までの3分勾配までは、なかなか水が切れません・・というか残ったままでした。

いったいどこまで頑張れば切れてくれるのでしょうか・・(--;


 


4分勾配(4/100)


5分勾配(5/100)

 

 


 6分勾配(6/100)・・


7分勾配(7/100)・・

 

 

なんだか同じような写真しか撮れず・・

 

全然・・水が切れない(--;)

 

正確に言うと・・10分~15分くらい待てば切れると思います。

 

ん~・・いったいどこまで行けば切れ始まるのでそうか・・

 

 

【超緩勾配屋根の実験の様子のつづきは、毎月10日前後に公開していきます】

 

 

Posted at: 2014.10.10(金)

超緩勾配屋根のリスク-その③-

超緩勾配のリスクを調べるための実験の続きです。

 

まず、レベルで水平を見た後、試験体を1/100の勾配にして、

一度、拭き取ります。

 

そのあとに、じょうろで水を雨のようにかけて、水のキレがどうなのか・・

の様子を見てみます。

 

下の写真が落ち着いた状況の写真です。

 

(1分勾配の落ち着いた状況)

 

理屈上・・

「勾配」はあります。

「水は勾配があれば流れる」という固定観念もあります。

 

 

しかし・・結果は表面張力の力でしょうか・・

軒先の水はたまったまま流れません・・。

 

これですと、もし、軒先に 「ピンホールのコーキングの穴」  や  「板金の掴みのわずかな隙間」があると・・

 

その穴から水が浸入して、屋根板金と下地板金や防水紙の間にたまり続けることになります。

 

夏の炎天下のあとの雨で被害が出るのは・・

 

多分・・ですが・・

 

膨張した空気が冷やされるときに、吸い込み力が発生して、

軒先のわずかな穴から水を吸い込むためだと思います

(あくまで予想です)

 

 

 

2分勾配(2/100)だとどうなるだろう・・

と思って、実験2回目

(2分勾配の落ち着いた状況)

 

2分勾配でも結局・・水のキレは悪く・・たまったまま(--;

 

 

それじゃぁ・・3分勾配(3/100)なら!?

 

(3分勾配の落ち着いた状況)

 

結局・・3分勾配でも水は切れず・・

ん~~(--;

 

 

続きは後ほど・・

 

【超緩勾配屋根の実験の様子のつづきは、毎月10日前後に公開していきます】

 

Posted at: 2014.9.10(水)

超緩勾配屋根のリスク-その②-

実験の続きのお話をする前に・・


なぜ、こんな実験をしようと思ったのか・・経緯をお話しいたします。


当社で、以前、とある設計事務所さんの依頼で、北上市内でデザイナーズ系住宅を建てました。


屋根勾配は2分勾配(2/100)  軒の出はほとんど無し・・  そんな屋根に突起物があり、トップライトまで付いている・・


「雪国で大丈夫なのだろうか」・・と感じつつも、


屋根屋さんも「危ないんじゃない・・」と警戒しつつも・・


設計事務所さんが各地で建ててきたのだから大丈夫なのだろう・・と思い、建築しました。


あるとき・・原因不明の雨漏りが起こりました・・。


夏の暑く晴れた後に強い雨が降ると、1階の軒天(1階だけは軒の出があったので)から雨漏りがしてくる・・のです。


夜の雨では起きない・・。 決まって、気温が高い後の雨で雨漏れが発生するのです。

(その前にスガモレも発生したのですが)


屋根まわり・・壁まわり・・ホースで水をかけての調査・・でも原因がつかめず・・


結局、屋根と外壁を全部はぎ取って原因を追究することになりました・・(--;。


屋根を最上部からはがしていき・・それでも原因がわからず・・気がおかしくなりそうになった・・2階屋根のはがし作業のとき・・


あれ?・・なにこれ・・?

(北上市内のとある現場の写真)


 

なんと・・野地板がすっかり濡れている部分を発見・・(@@;)

 

なんで・・

どっから・・入ったの?

 

・・というか、軒先から入ったのだとわかる写真・・

しかも、防水紙の下に入り込んで、野地板の上で横に広がるくらい、

何度も何度も染み込んだような 黒染みになってました。

 

しかも、軒の出なし・・

 

そこから壁の通気層伝って、1階の屋根まで到達していたことがわかりました・・。

 

緩勾配になると、屋根の仕様は

縦ヒラ葺になると思いますが、

その軒先は、板金を掴む+コーキングになります。

 

目視では、コーキングの切れはなかったので・・

本当に目に見えないピンホールの穴から吸い込まれて、

内部で広がっていく・・というイメージでしょうか・・。

 

 

 

その後補修で、屋根勾配4分勾配(4/100)に少し勾配UP

それ以上は上げれない現場状況だったので、最大上げました。

 

それでも、修理中に雨が降ってみると・・軒先の雨水の切れが悪いなぁ・・と

感じました。

 

防水紙は粘着テープ付きで

コーキングも いろんな部分で下打ちして、

念には念をいれて施工したので、

万が一軒先にコーキングのピンホールが有っても

大丈夫だとは思いますが・・。

 

工務店の皆さん、次のような点に注意してはいかがでしょうか・・。

 

① 緩勾配屋根では、軒を出すこと。

② 緩勾配屋根では、粘着つきの防水紙を使うこと

③ そもそも、緩勾配の限界を決めること。

 

特に雪国の工務店さんは要注意です。

 

今回の実験は③の「限界はどのへんなのか」・・ということを知る目的です。

 

 

 

 

追伸

 

多くのビルダーさん・工務店さん・大手ハウスメーカーさんですら、

失敗をたくさんしております。

 

ただ、ほとんど隠します。

 

それは、

 

技術者として恥ずかしいから。

 

ブランド名に傷がつく。

 

会社の信用が落ちる。

 

など理由がいろいろあります。

 

私だって、そういう気持ちがあります。

 

ただ、多くのお客様・工務店さんが被害に会わないように・・

 

設計事務所さんが、リスクを回避しながらデザインを追求できるように・・

 

恥を忍んで公開いたします。

 

その点だけは汲み取っていただければ救われます・・(--;

 

 

補修費は 数百万円でした・・。

 

 

【超緩勾配屋根の実験の様子のつづきは、毎月10日前後に公開していきます】

Posted at: 2014.8.26(火)

緩勾配屋根のリスク - その① -

【このレポートは、当社のホームページを見ていただいている全国のプロ向けの情報発信を主としております】

【一般の方にもお役にたてるレポートにしてあります】

 

 

 

最近、デザイナーズ系住宅デザインの流行から、超 緩勾配屋根のデザインが増えてきました。

しかし、ちょくちょく耳にするのが、軒先端からの雨水・雪解け水の浸入→染み込み→まわりこみです。

当社も一度、超~痛い目に会いました(--;。

ようやく、「緩勾配の軒先端で何が起きているのか」・・少しでも理解するため実験台を作って、いろいろと試してみました。

緩勾配のリスク、特に雪国での危険性について、レポートしてみたいと思います。

工務店さんが大きな被害に会わないよう(特に雪国で)

緩勾配のリスクをこの実験をもとにご理解いただき、設計事務所さんが無理なデザインを進めるときに、

この実験写真をお見せして、話し合って、屋根勾配について変更してもらうか・・

万が一のときに責任を負わないように、設計事務所さんに施工方法の指示をうけることをお勧めいたします。

実験は、1m角くらいの屋根下地模型を作り、

0勾配(水平)~ 1/100ずつ 勾配をつけていき、 軒先端の水の切れ方を 観察するものです。

(こんな実験をする人・・意外と、日本でいないかもしれません・・。)

【 実験①:  0勾配  】

 

 

じょうろで雨みたいに、じぇじぇじぇ・・・

 

じょじょじょ・・だった・・。

当たり前ですが・・たまった水は、流れる様子はなく・・

こぼれる・・という印象です(^^;)。

アスファルトルーフィングは、粘着つきのものを使って試験台を作りました。

続きは・・長くなるので・・徐々に公開していきます(^^)

Posted at: 2014.6.11(水)

1

skogのいえ