北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

【 流れに従って生きる ACT38:HAさまの突然 】

 

ACT38 : HAさまの突然

 


HAさんが亡くなった?・・・。

 

 


・・・・

 

 


 朝の突然の電話に、私たち3人はどうしたらいいのか呆然としました。

 

 何をすればいいのか・・どう動けばいいのか・・あまりにも突然すぎる内容の電話と、社会人としての未熟さも重なって・・まったく動きが取れませんでした。

 


HAさんの知人で今回の工事にも携わっていただく業者さんからも電話が入りました。 

「大変だ!HAさんが死んじゃった・・・」

 

 


真っ白な頭の中、虚脱感、動揺と・・とにかく何をしたらいいのか分からず混乱していました。

 

 

ご法事の話もありましたが、会社がつぶれる可能性の話もありました。


 その時点で、HAさんの工事の規模が大きかったため次の物件は探しておらず、この現場のためだけに詳細図作成や発注業務・工事の段取りなどに全員のパワーを注ぎ込んでいたのです。海外からの材料も発注済みだったりと・・キャンセルできない多くの資材もあり、資金繰りの危険性も同時に頭をよぎっていました。

 


 何から手をつけたらいいのか迷いました。

 

 


 Ho建材の部長さんが事務所に来て、落ち着きを取り戻したのは2時間後だったと思います。

 

 

 M部長さんのアドバイスで、とりあえず、一番お世話になっていた牧田と社長E氏は線香あげに向かう。

 私は会社に残って、何かの連絡待ちと海外に発注した建材関係のストップ、各業者さんへの工事中止の連絡をすることで手分けして動くことになりました。

 

 M部長さんのアドバイスが無ければ、1日中、何をしたらいいのか迷い続けたほど、私たち3人は社会人としてヒヨコなのだと感じさせられました・・・

 

 

 


 私は、「なんでこんな流れになってしまったのだろう・・。俺に守護神がいるのなら、何のためにこんな巡り合わせにしたのだろうか・・」と、混乱した自分を納得させるような答えを探しつつ、各業者さんに電話を掛け始めました。

 

 


 そして、電話を掛け始めて2~3件だったと思います・・。

  

突然、会社の電話が鳴りました。
 
 

 

直感で「もしかしてHAさんの奥様?」・・と思い、受話器をとりました。
 
 
 

 

 

「もしもし・・、HAです。」
 

電話は・・亡くなられたHAさんの奥さまからでした。

  

 

 

 

 

「あ・・こ・このたびは・・、」突然の電話に私は声がつまってしまいました。

 

  

 

HAさま 「驚いたでしょう・・」

奥様の声は、不思議なほど・・、驚くほど・・穏やかでした。

 

 

 

「え、ええ・・。あ!今、工事中止の電話連絡を各業者さんにしていました。」
  

 

 

「それなんですけど。工事は続けてください。大丈夫です。お金はあります。」

口調は、しっかりしていました。


「それだけお伝えしたくて。それじゃあ。」
  

 電話は切れました。

 

  

・・・・

 

 

とても、昨日、ご主人様を亡くしたとは思えない気丈かつ穏やかな振る舞いでした。
 

  

 

こんな状況で、今のような内容の電話をするゆとりが なんであるのだろうか・・

私が逆の立場だったら、出来るだろうか・・

 

 


奥様からの電話に、私は人生を救われた思いをしました。

 

 


そして受話器を置きながら涙を流していました。

 

 

 いままでのHAさんとのお付き合いの中で、背景は想像ができました。

 いまでも憶測の範囲ですが、多分お亡くなりになる前に、HAさん自身が自宅工事の続行を指示したのだと思います。そして、奥様はうちの会社だけでなく、いろいろな牧場事業に携わる会社さんに同じような電話をしているのだと・・。


 会社を興すことの難しさ、始めた事業を止めると多くの人に迷惑がかかること、そのほか、私には分からない色々なことを含めて考え、家づくりの続行を指示して亡くなられたのだと想像がつきました。

 

 

HAさまが言葉にしていた「次の世代」という言葉の重さを痛感させられました。


HAさんの精神に報いなければならない・・という責任感も沸いていました。

  

 あとで知ったのですが、HAさんは、数日前に死の告知を受けていたそうです。そして、数日間という余命の間に、会社の重要な人、畜産協会の関係者、縁のあった人に、そして家族にそれぞれ今後の指示と遺言を残して、「あとは任せたぞ」とお亡くなりになられたということでした。

 

 

 HAさんの葬儀は、町葬という規模でした。

 

 町長はじめ多くの著名人、海外の賓客、一般の町民の方まで町の大ホールに参列していました。

 

 どれだけ多くの人たちの幸せのために尽力してきたのか・・計り知れないほどの想像以上の大葬儀でした。

 

 人生そのものを救われた大恩があるので、私と牧田は葬儀の最後まで居るつもりだったのですが、E氏は「線香もあげたし、そろそろ会社に帰ろっか」と言ってきました。

 

 

 こいつ(E氏)と一緒ではHAさんの精神は継げないと確信した瞬間でもありました。

  


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

Posted at: 2016.12. 1(木)

実験ハウス見学会 ありがとうございました。

12日・13日と実験ハウス見学会 お越しいただきましてありがとうございました(^^)。

 

特に13日は日差しがあって、室温も21℃台から 1時間足らずで24℃にもあがり、日射を取り入れることの大きな効果がお伝えできてラッキーでした。

 

そのまま、室温がキープできれば暖房する日数が減ります。今朝も22度以上ありました。

 

今回の見学会でのポイントは「湿度」だったと思います。 

 

乾燥のすごい住宅が世の中に多くなってきておりますが、実験ハウスの湿度は常に45~60%と安定してます。

 

そんな工夫や空気感をお伝えできたことが幸いでした(^^)

 

次回は12月10日(土)・11日(日)の予定です。のちほど お知らせでアップします!

 

Posted at: 2016.11.14(月)

お宝 クロネコヤマト クッション(非売品)

うちの息子が中学校の活動の一環で、職場体験にクロネコヤマトさんに2日ほど行ってきました。

 

そうしたら、最後に、非売品の クロネコヤマト オリジナルクッションをプレゼントされて来ました(^^)

 

DSC_0676.jpg 

非売品で、かつ本社の許可がないともらえないという 超レア クッションだそうです!

クロネコさんありがとう(^^)。 

Posted at: 2016.11.10(木)

【 流れに従って生きる ACT37: HAさま と 着工。 そして・・・】

 

ACT37 HAさま と 着工。 そして・・・

 

 ㈱木の香の家としての最初の現場であるHAさま邸は2月に着工となりました。

 

 HAさまとは設計での打ち合わせを繰り返していく中で、経営者としての考え方や姿勢について、非常に多くのことを感じ学び取らせていただきました。

 

 HAさんは1人で地縁血縁のない土地に来て開墾からスタートし、地域とのつながりを深めながら、農業・畜産業を通してかなりの事業規模になりました。
 まったく地縁の無い場所でいろいろご苦労も多かったそうですが、そんな雰囲気は感じないほどいつもニコニコしています。

 

 HAさまの凄いところは、その事業の中で得たお金を自分のためだけには使っておらず、町の小中学生を毎年、数人ずつ海外へホームステイさせていたのです。

 

「次の世代は国際感覚を身につけなければな・・。次の世代を育てる」と言っていました。

それを10数年継続していたのです。

 全て、HAさんの会社からの寄付という形で行なっていたそうが、今では町にも国際交流化ができるほど町ぐるみの活動にまでなっていようです。
 他の地域から移り住んで、その地域のために感謝の気持ちもあるでしょうが・・そこまでの行動を起こすという経営者としての器・人間の器の大きさを学ばせていただきました。

 


 もし、私が経営者になったとしたら、どこまでHA様のように社会還元ができる人間になれるのだろうか・・。

 


 E氏は「寄付は経費になるからだろう・・」と冷めたように言っていたが、その言葉には、人の上に立つべき「人間の器」の違いを強く感じさせられました。

 

「次の世代」・・私たちにもそれを期待されていたのでしょう・・。今考えるとそう思います。そういう価値観でなければ、会社の形態もままならぬ若造に、とんでもない規模の自宅を依頼するはずがありません。

 

 


地鎮祭は春まで待たず、HAさんのご要望で急ぐことになり1月末ころという寒い時期に地鎮祭を行いました(^^;)。

雪もめったに積もることはない地域なので、着工してしまおうというHAさまのご希望でした。

 


 平屋ということもあり、地鎮祭のときの地縄の大きさも見たことがないほどの大きさです。

 私 「でかっ(@@;)。こんな地縄、住宅で見たことないよ」。

 地鎮祭では、HAさまご家族や、ご友人の業者さんも何人か参加なさって行われました。

 

 厳かに地鎮祭は終わりましたが、地鎮祭終了後、ご友人の方が

「HAさん風邪でもひいたかのかなぁ。顔色ちょっと悪かったけど・・」。

私 「そうですか?。あまり気づかなかったですが・・」

ご友人 「いやぁ・・。いつもだともっと元気だよ。寒い時期だから体調崩してるんだな。」と心配していました。

 


基礎工事は、地鎮祭後にすぐに始まりました。

平屋の全面べた基礎なので、配筋作業も通常の2階建て住宅の4倍近くとなり、かなりの迫力です。

 
 基礎工事と合わせて、プレカット・輸入建材ともどんどん発注を掛けていき、工事の着工といっしょに会社の運営経費が確保できる安堵感で、私たちの会社は次の受注への展開も考えていこうという意気揚々の雰囲気になりました。
 
 いろいろ想定していた会社のスタート像の中では、もっとも良い形になりました。
 1年間も安定した経費が見込めるスタートなんて、本当に想定していた以上です。


 そんな、意気揚々としていた、着工して1か月足らずのある日・・

 


 突然、予想もしていなかった電話が会社に入りました。

 

 


 Ho建材のM部長さんからでした。

 

 

  

 

その電話で、私たちは凍りつくことになるのです。

 

 

 

 

 

 

M部長 「もしもし! 大変だ! HAさまが亡くなられた...」
 

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2016.11. 1(火)

OBさま宅ご訪問(^^)

昨日、ホームページリニュアル写真撮影のためOBさま宅をご訪問しました。

 

玄関先や外構がきれいになっており、思わず写真を撮りました(^^)

 

近々ホームページをバージョンアップしますので、ご期待ください!

 

DSC_0632.jpg

Posted at: 2016.10.27(木)

岩手でも性能の良さがわかる生活感

OB様から建具調整のお話と一緒に生活状況がわかるメールが届きました(^^)

 

20161025yamadasama kannsou.jpg

Posted at: 2016.10.25(火)

2階リビングだと・・すごいなぁ・・(^^;)

OB様からメールが届きました。

2階リビングだと性能のすごさが、顕著に伝わります(^^;)

暖房はもちろんまだ入っておりません・・。

 

20161002125143626_0001.jpg

Posted at: 2016.10. 2(日)

【 流れに従って生きる ACT36: E氏の凄さ 】

CT 36 E氏のすごさ

 

 前回までのようにE氏を書き並べると、E氏は無能な人間に捉えられてしまかもしれませんが、私からみても本当に凄いと思ったことがあります。

 それはお金の計算です。 

 

友人O君には言われていましたが想像以上でした。お金の計算にもいろいろありますが、なんといっても「その細かさ」です。

  

 現場が工事途中で資金ショートしないように、いつ着工して、毎月どれだけの支払いと収入があるか前もって計画を立てるのです。

 

 資金ショートしそうな月が予測できれば、あらかじめ取引業者さんに「〇月の支払いは半分になるかもしれません」と連絡してOKもらうのです。

 

 あらかじめ伝えて計画の範囲であれば業者さんの信用も落ちません。さらに、着工や建て方を開始するタイミングをわざとずらして、月初めに工程をスタートさせたりと工夫もしていました。

 

これは、私には斬新な光景でした。

 

 今まで、現場の実行予算を組むことはあったのですが、 「お客様からの入金予定」 と 「業者への支払い予定」 、そして 「経費にまわせる金額の予定」 の計画を、着工前に組み立てるのは初めて見たのです。

 

 この時代の家づくりをするお客様は、ほとんどが住宅金融公庫から融資を受けていたため、お客様の「手持ちの自己資金」と、「住宅金融公庫の中間金」実行日を計算しないと、工事途中で資金ショートする可能性もあったのです。

 

この事前計画は、私の頭の中では持っていない要素でもあり、実は非常に重要なことでした。

O君が言っていた「綺麗事言っても、金でつまずけば終わりだからなぁ。」の意味がなんとなくわかりました。

 

これを得ただけでもE氏と組んだ経験は非常に大きかったのですし、正直、組んでよかったと感じました。

 

 

Cホームより正直に経営的な勉強になりました。

 

  


 しかし、この細かさは度が過ぎるとあだとなります。

 

 E氏の場合は、別な面で異常に度が過ぎました。

 

 

 1円でも無駄にしたくない一心で、私と牧田の行動を細かく監視しないと気が休まらなかったのです。

 

〇 ガソリン1リットルも無駄に動いていないか・・。

〇 100円ショップで済むものを120円で買ってきてないか・・。

〇 走行メーターをチェックし「どこに行ってきたのか」・・という質問までし・・、

〇 車のヘッドライトに虫の死体がついていれば「高速使ったな!」とチェックを入れる。

〇 真夜中に電話をしてきて、今どこに居るかまでチェックする。  
 (俺はあんたの彼女じゃない・・と叫びたくなりました)

 

 

 自由にやりたくて独立したはずなのに、今までで一番の管理下に置かれた息苦しさを感じました。牧田が1ヶ月でストレスを感じるのも無理はなかったのです。

 

1円得しようとして、会社で働く人のやる気をそいで、その何倍も損するタイプだなぁ・・と思いました。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2016.10. 1(土)

うれしいお手紙(^^)

OBさまより うれしいお手紙が届きました!

毎年恒例の「夏休みお子様と思い出を作ろう(プロスポーツ観戦)」のお手紙です(^^)

kumagaisama report.jpg

 

OBさまとこんな感じでつながっていけることがうれしいです(^^)。

 

Posted at: 2016.9.29(木)

びっくりドンキーでびっくり!

先月・・びっくりドンキーでご飯を食べているとき・・

 

ビールを飲んだ方に びっくりドンキー 記念ボトル が当たる『抽選券』プレゼントの文言をみました。

 

写真をみると、なかなか味のあるデザインの記念ボトル!

私 「うわっ。かっこいいなぁ!家に飾りたいなぁ(^^;)」

全国で600名に当たる!期待できるかも・・と多いような気がしましたが・・

  

よくよく考えてみると、47都道府県で割ると1県当たり平均でたったの約12人・・しかも大都市圏で半分以上持って行かれると

地方の岩手県はせいぜい3~4人の当選なんだ・・とがっかり・・(--;)。

 

抽選券を2枚もらって、スマホで抽選・・。

1つ目は私が引いて、案の定 「残念でした」・・の文字 (^^;)。

 

娘に「もう1つ抽選してみていいよ」とスマホを渡したら・・

 

娘 「当たりました ・・て出たよ」 

 

私 「え・・!マジ!? うそでしょ・・? そんなに簡単に当たるの?」

  

 

でも・・本当に当たってました(@@;) 

  

1か月後の先日・・見事に記念ボトルが届きました!。

 

新築の家に飾ろうっと(^^)b

 

バドガール ならぬ ドンキーガール です(^^;)

 

DSC_0364.jpg

Posted at: 2016.9.14(水)

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

skogのいえ