北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

IBCラジオカーが来ました(^^)

 

先週の金曜日(見学会1日前)

実験ハウスにラジオカーが来ました。 

 

新住協の一斉見学会の開催前日インタビューでしたが、

 

早口にならないようにと、戦場カメラマンになったつもりでゆっくりしゃべりました(^^;)。

 

差し込んだギャグが聞き取りにくかったのが残念(><)

 

1501239069056.jpgラジオカーです(^^)  IBC684 

 

1501239077794.jpgリポーターの伊達さん と 娘 と 3人でトークしました(^^;)

 

1501239052041.jpgイヤホンからスタジオの質問などの声が聞こえて、マイクは意外と近っって感じです(^^)

 

面白い経験でした!

 

Posted at: 2017.7.31(月)

ラジオに出ます(^^)

お知らせです。

 

来週の7月28日 午後1時~1時半の間に IBCラジオに 5分ほど出ます。

 

タイミングのいい方は聞いててください(^^)

Posted at: 2017.7.21(金)

同業者さんよりうれしいメール

同じ業界で家づくりしている会社さんより うれしいメールがきました。 

 

HPお礼 今治市.jpg 

何気ない内容ですが、断熱を頑張ろうとする同業の方に役に立っているコラムでよかったです(^^)。

 

Posted at: 2017.7. 4(火)

【 流れに従って生きる ACT45: ST様 大どんでん返し 】

 

ACT 45  ST様 大どんでん返し

 


私の携帯電話にST様から突然の電話が入りました。


E氏の話を聞いての電話だろうと思い、私は慌てて「もしもし白鳥です。お世話様です」と電話を取りました。

 

 

STさま「ちょっといいかな...」と意味深な言葉から話し始めました。

 


私「今回は、せっかくお知り合いになったのに申し訳ございません。」

 


STさま「今日、Eさんから電話があっていろいろと事情を聞きました。近いうち会って直接お話をしたいのだが・・。」

 


私「あ・・はい。構いませんが・・。」

STさまからのご要望を無理に断る理由もないので、私は流れに従ってお会いすることにしました。 

 


STさまは鋭い勘の持ち主であることは薄々感じていました。

 


E氏の茶番劇電話も、会社の本当の様子も見抜いているのでは・・と感じていました。

 

 

 そして、私が仙台を離れる2週間くらい前にファミレスでSTさんと会いました。

 

 


STさんからは、


○ 本当に結婚するために岩手に戻るのか?そうは見えないということ。


○ 木の香の家に家づくりをお願いしていたつもりはなく、白鳥君にお願いしていたつもりであったこと。


○ 設計中、なにか奥歯に物が挟まった感じで私が話を進めていたこと。

 
など、いろいろ聞かれました。

 

 STさんにはウソを言っても通じないことは分かっていたので正直な事情を話しました。

 

設計段階で言いたいことを言えず、奥歯に物が挟まった状態だったのは、E氏が自由設計を認めなかったことが要因でした。

プランの発想は色々ありましたが、展示場と「同じ骨格」でないとダメだと強く制約を受けていたのです。

 

E氏の狙いは、同じ形の住宅を大量生産することで回転を上げ、効率よく利益をあげるという机上の計算でした。お客様が、その枠からはみ出すような要望を言い出すと、いろいろと問題点を並べて結局は展示場と同じ形の枠に納めようとするのです。まさに大量消費を目指すハウスメーカーの考え方でした。

 


 STさんは、私の今後について質問されました。


私「岩手で彼女の実家の家をとりあえず建てます。それ以降は決まっていません。」と説明しました。


そうすると、STさんは「仙台でも建てられるか?」と聞いてきました。


私は「もちろん出来ます。やらせていただけるであれば、今までのプランとは比べ物にならないような納得いく住宅を提案します。」と正直に話しました。


そして、STさんとのその後の話し合いで、㈱木の香の家との「契約の当日」に「契約白紙」を申し入れることが決まりました。

 


 また1つ「流れ」に乗ってきた予感がしました。きちんと進めば、細々と春までは食べていける。その間に春からの仕事を探すという明るい流れが見えてきたのです。


 「先の仕事が見える」、「しばらく経済的に食べていける」・・ということが「当たり前のこと」ではなく、「うれしいこと」「精神的に安定できること」という強い感覚を受けました。

 

 

 契約の日、E氏は判子と契約書を用意して、私の親代わりになったような口調で「このたびは白鳥がご迷惑をおかけする形に・・云々」と流暢に言葉を並べました。


しかし、STさまからは「最後まで担当者が同じだと思っていたので、話が違うのであれば、この話は白紙にしてください。」という旨が伝えられました。


お金に執着心の強いE氏です。

 

得意の論理展開で何とか契約に持ち込もうと食い下がりましたが、そんな、若輩者の会話テクニックなどSTさまには通じませんでした。

 

STさまが会社を立ち去ったあと、当然ですがE氏は契約不成立の責任を私のせいにしました。そして、お詫び料としてSTさんが置いていった封筒の中身を見て「たった1万円かよ!」とケチをつけていました。最後の最後まで醜態を目にし、E氏と別れて本当に良かったと思わされました。

  

 そしてSTさまには、わざわざ「契約白紙」という面白くない手続きのためにご夫婦で事務所までご足労していただいたことに、ありがたくも非常に申し訳なく思いました(><)

 


 退社の条件の1つだった「STさまの契約まで、白鳥の方から一切の電話をしないこと」は一応守りました。

 STさまの契約までの道筋はE氏の手腕にゆだねる形になったわけですが、「契約が不成立」になるどころか・・E氏の思惑とは真逆の、「私(白鳥)の仕事になる」という思わぬ結果になってしまいました(もちろんこの時点でE氏は知りません)。

 


 さらに、2つ目の約束である「Ho建材の社長に株を抜いてもらう」ことでも、

E氏の手法が災いして、とんでもない展開になっていくのです。

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.7. 1(土)

そろばん7年

昨日、娘のそろばん優良生徒表彰式に参加させていただきました(^^)

 

幼稚園頃にそろばんを始めて、途中 泣きながらも中学まで続けてきました。

 

よくやったものだと褒めたいです(^^)。

 

まだ続けるそうで、何段を目指すのか楽しみです。

 

  

1498361638998.jpg写真で見ると・・いっちょまえに中学生です(^^;)。

つい先日まで小学生のお子ちゃまだったのに・・

 

 

1498361632316.jpgそして・・写真で見ると・・私は完全におじさんです(--;)

つい先日まで、まだまだ若い・・と思っていたのに・・(--;)

 

 

Posted at: 2017.6.26(月)

DEEN コンサート in さくらホール に行ってきました

 

DEENが、さくらホールでまさかのコンサートをするということで、

急遽 当日券を買って先ほど行ってきました(^^;)

 

実は「流れに従って生きる」でも近々、記述されますが・・・

  

人生の岐路に立った時に、DEENの「少年」という楽曲に

背中を押されたことが何度もあり、何度となく救われてきました。

 

今でも人生の心の1曲であります。

 

今回のコンサートでは「少年」は歌われませんでしたが、

初の生DEENで良い時間を過ごさせていただきました(^^)

  

下のアドレスが、私の人生を助けてくれた「少年」という曲です。

https://youtu.be/aksYbCtg54U

 

「少年」ありがとうございました。

 

Posted at: 2017.6.12(月)

【 流れに従って生きる ACT44: E氏の攻勢 】

ACT 44 E氏の攻勢

 数日後、私はE氏に会社を辞めることを伝えました。

 

理由をなんと話したか忘れてしまいましたが、とにかく、考え方がかなりずれているという意味合いは伝えたと思います。

 


 それを聞いたE氏の攻勢は、私の予想をはるかに上回るほどすごかった・・というか・・すさまじいものがありました。

 


「おまえは絶対にお金で失敗する」と脅したり、すかしたり、なだめたり、わびたり、その喜怒哀楽の激しさといったら、尋常な人間がする行為には思えないほどでした。

 

 おかしいとも感じました。

 

 私が社長だったら、辞めたいという人間を会社に置いていても仕方ないので、あっさり認めるだろうなぁ・・と想像できたからです。嫌々仕事するくらいなら辞めてもらって、お互いに次のステップを踏むように話すだろうなぁ・・と想像できました。


E氏が何故そこまでして、辞めさせないように怒鳴ったり、組もうと歩み寄ったりするのかが理解しづらいものがありました。

 

 E氏の怒涛の攻勢は1か月も続きました。脅しの内容はいつも同じで「こういう理由でお金でつまずき、お前は人生を棒に振る」というものでした。
 散々脅したあとでなだめるときは「今、うちの会社には4000万円の現金がある。少し貸してやってもいいぞ」という譲歩案もありました。

 

 私は、これもおかしいと思いました。

 

 4000万円は一時的に入金された工事代金であり、その8割~9割は支払いにまわり、会社の運営費用も考えれば数%しか使える資金は無いはずなので、数か月後にはほとんどが消えるお金なのです。あたかも、その4000万円がず~っとあるように表現している感覚に違和感を覚えました。

 

 もちろん、お金なんて借りたら、何十倍もの「貸し」に化けることは分かっていましたし・・、再独立に向けて強い流れも感じて腹も決まっていたので、そんな茶番劇に動じることはありませんでした。
 私を信頼して出資してくれたHo建材の社長さんには、何度も事情を話して最終的には理解してもらいました。

 

 

 1ヶ月ほどの攻勢でも折れないことが分かったE氏は、私に会社を辞める代わりとして2つの条件をだしてきました。

 

 


 1つは、その時点で私が担当して契約寸前だったお客さま(STさま)の引継ぎでした。私の手紙でここまで話が進んだので心苦しかったのですが、STさまには、E氏の方から「白鳥が結婚するので岩手に戻る」という電話をするので、私から一切の連絡をとらないことを言われました。
私から電話すれば契約すら壊れると警戒したのでしょう。

私は快諾し、「どうぞご自由に」・・という思いでした。


もう1つは、私が居なくなるとE氏にとってHo建材の社長の存在は邪魔でした。

 


「株式会社」の称号は取れているし仕事も見えている状態なので、株を買い取ってHo建材の社長さんには、株主から抜けてもらうように私に協力しろ・・ということでした。

 


これも、問題ないと思い快諾しました。

 

 Ho建材の社長にとっても、私が居ない会社に出資する義理もないと思うので、すぐにOKしてくれると思いました。

 

 私は2つの条件を飲むことでE氏をようやく説得でき、次のスタートのための準備に取り掛かりました。

 菅原様邸を初めての物件にさせていただくお願いや、周りの人へのあいさつなど周辺整理に日々を費やし、ほぼ事務所には行かなくなりました。

  

 


 しかし、ここから思わぬ方向へ話が展開していくのです。

 

 


数日後、突然、私の携帯電話にST様(お客様)から電話が掛かってきたのです。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.6. 1(木)

展示場 定期見学会の御礼 -夏の疑似体験-

そういえば・・先週の 「実験ハウス 兼 展示場 (乾燥感の無い高断熱住宅)」の定期見学会にお越しいただきましてありがとうございました(^^)

 

御礼するの忘れておりました(><)

 

当日は5月とは思えない30℃超えで、夏の疑似体験が出来ました。

 

まず、皆さん「こんなに窓が多くて、夏は暑くないんですか!?」の疑問から入ります(^^;)。

 

gaikann.jpg (この日射の当たり方は3月くらいの写真です)

 

 

その日の実験ハウスの室温の経過をレポートします。

エアコンは使っておりません。

DSC_1405.jpg見学会スタート直前の 9時50分で 外気温22.7℃(右の下の表示)  室温23.7℃(右の上の表示)

 

 

DSC_1406.jpgお昼頃には 外気温28.4℃  室温25.5℃

 

このあたりから温度差による涼しさを明らかに感じます。

 

 DSC_1414.jpg

毎回、皆さんにご予約をいただきましてありがとうございます(^^)

 

小さいお子さんのためにも、夏涼しく・冬「乾燥感のない」高断熱住宅にしたいですね!

DSC_1409.jpg 

DSC_1408.jpgほどよく暑い時間帯は直射日光をカットしてますので窓が大きくてもセーフです!

 

 

一時、31℃くらいになりましたが・・

3時前には落ち着いて・・

DSC_1416.jpg2時50分 外気温30.4℃  室温26.9℃(エアコンなし)

 

です。

 

夏の体験見学会を 7月29日・30日で予定しております!

(新住協岩手支部 夏の一斉見学会の一環で行います)

 

 

梅雨明けして、今回よりすごい状態が見れれば最高ですね(^^)。

 

 

是非、来て体感してみてください。

 

予約を近々開始いたします!

 

Posted at: 2017.5.27(土)

OBさま 訪問(仙台)先日の暑さでも室内は22℃

一昨日、仙台のOB様を外観写真撮るために訪問してきました。

 

そこでお話しいただいたのは、

 

「先日の30℃超えの暑い日・・家の中が22℃だったんですよ。なんでこんなに涼しいの?・・とビックリしました」ということでした(^^)

 

IMG_2267 軽くした.jpg 

東側に森林公園もあり、午前中の直射日光がはいらない+木の下にある涼しい空気だまりも 夏の涼しさに一役買っていると思います(^^)

 

200㎜断熱の家、夏のレポートでした。

Posted at: 2017.5.26(金)

5月なのに夏のような見学会(^^;)

 

昨日は 実験ハウスの 定期見学会でした。

 

多くのお客様にお越しいただきましてありがとうござました(^^)

 

昨日は5月にも関わらず外気温31℃まで達する夏のような暑さでした。

 

運良く、高断熱住宅の夏の涼しさ体験になりました!

<見学会開始 直前で外気温22.7℃ 室温は23.7℃です> 

DSC_1405.jpg 

 

<ご来場していただいたご家族も、夏の室温安定さを疑似体験>

DSC_1414.jpg 

<午後2:50 外気温は30.4℃ それでも室温は26.9℃と安定してました(^^)>

DSC_1416.jpg 

7月の見学会は梅雨明けの 7月29日・30日を予定しております。

夏の木の香の家の室温環境を体験してみたい方は是非ご応募ください!

 

Posted at: 2017.5.22(月)

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

skogのいえ