北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

冬の基礎コンクリート養生 ご参考までに 【過去ブログ】

冬期間の基礎施工において、気温の影響を避けるためいろいろな養生方法があります。

どんな方法が良いのかはわかりませんが、

当社では「断熱養生」という方法を取っております。

ネット情報だと「コンクリートは5日間ほど2度以上を保つように」・・とありますので、「外気温が氷点下になる日」 が・・断熱養生するかどうかの判断になりそうです。

コンクリート自体、発熱してますので、ブルーシートで覆っただけでも、意外と2度以下にはなりづらいものですが・・。

 

断熱養生とは写真でみると上のような作業風景に見えます。

 

ただ、図にしてみますと、心配な点も出てきます。

心配な点は下記のようなところでしょうか・・。

 

心配なポイント① 鉄筋の立ち上がり周りは、絶対に断熱材で覆われないのです(図C部分)。

 

心配なポイント② 現場作業なので、断熱材と断熱材の隙間も多少あります。

 

 

 

上図 と 下の測定グラフで

 A:50㎜断熱材の下の温度

B:30㎜断熱材の下の温度

C:断熱材がどうしても覆われない鉄筋の付け根温度

です。

 

測定結果は下記のとおりです。

 

外気温が-5度にもなる真冬ですが、

A・Bはもちろん Cも高い温度をキープいたします。

 

 

 最近は現場の作業性を考慮して25㎜厚を採用してますが、

仙台での現場の測定結果を見ますと、1週間経ってようやく10度前後まで下がる程度です。

春や秋にコンクリートを打設するのとほとんど変わりません。

冬になかなか工事ができない雪国で家づくりをやってますので、こういう根拠をもとに冬でも工事は出来ております(^^)

皆様のご参考になれば幸いです!

Posted at: 2014.9.29(月)

1

skogのいえ