北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

毎週の見学会の御礼

3月は毎週のように見学会があり、本当に多くの方にお越しいただきましてありがとうございました。

今後ともちょこちょこ見学会を開催してまいります。

Posted at: 2017.3.30(木)

【 流れに従って生きる ACT41:岩手へ戻る「流れ」が加速し始める 】 

 

ACT41 岩手へ戻る「流れ」が加速し始める


 私はこの頃から、E氏とは決別しようと強く思い始めていましたが、出会った3人のお客様の仕事だけは終わらせてからにしようと考えていました。まだ、正式契約までなっていませんでしたが、全てのお客さまに対して家づくりの断熱理論を熱く説明していたからです。

 

 そんな、曖昧な精神状態で仕事をしているとき、思わぬ出来事が起きました。

 

 私は現在かみさん(しばらく菅原さんと記します)とその頃付き合っていたのですが、その菅原さんからの電話でした。

 菅原さん「うちのお父さん家を建てるんだって。それで、私がプッシュしておいたから説明に来て欲しいの」という突然すぎる話です。その時点で大手Mホームと、なんと私が在籍していたCホームが営業に来ているというのです。

 

そのときは、何の流れが始まるんだ?とビックリしました。

 

 

 Cホームは私と犬猿の仲だった人が営業に来ていたので絶対に勧めさせたくなかったし、Mホームも値段の割には性能が悪かったのでお勧めできませんでした。

 しかし・・そのときの木の香の家では建てたくないという思いも出てきました。自分の彼女の実家をE氏の息が掛かった会社の物件にしたくないという思いが強く出てきたのです。

 

どうしたらいいか悩みました・・。

 


 人が家を建てるのは、一生に1回か2回・・そんなめったにない出来事が、こんなタイミングで自分の彼女の家で起きるなんて・・。もしかして「岩手に戻れ」・・という「流れ」なのか・・? 

  

頭の中がかなり混乱してきました・・。

 

 

 

 そんなときに、さらに追い討ちを掛けるような出来事が起きたのです。

 

 突然、東京で設計事務所をしているウッチーさんから電話があったのです。
 ウッチーさんは、私の先輩でACT9でも出てきましたが、私が初めて高断熱高気密住宅に携わることが出来た恩人でもありました。

 その後、5年くらい東京で設計事務所をしていたのでした。

 

 突然の電話の内容はこうでした。

 

ウッチーさん 「白鳥君、僕ねぇ・・今度、岩手に行くことになったよ!」

 


私 「え!?何でですか!?」

 

ウッチーさん 「岩手県立大学の講師にならないかって誘いがあったんだ。いろいろ考えて岩手に行くことにしたよ。」

 

私 「そうですかぁ・・。これも流れなのかなぁ・・」

 

ウッチーさん 「何?岩手に戻ろうと考えているの?」

 

ウッチーさんは、以前から私の「流れ」という不思議な出来事を何度か見ているので、すぐ理解したようでした。

 

私 「何となく・・そうなんですよねぇ・・。」

 

ウッチーさん 「E氏とは、合わなかったんだ。」

 

 ウッチーさんには、以前にE氏に会ってもらっていましたが、ウッチーさんのE氏に対する印象も実はかなり悪かったのです。

 

 


私 「それもありますし・・、実は彼女の実家で家を建ててくれという話が降って沸いてきたんですよ」

 


ウッチーさん 「まぁ何となく・・、寒研(寒地住宅研究所)の本間さんも岩手に来るみたいだし、磁力は岩手に向いている感じはするね・・。」

 

 

ん~。私はますます悩みました。

 

 

 


 仙台の3人のお客様を手がけてから退社・・にはもうひとつ理由があったのです。

 それは、私には仙台にいるうちに恩を返しておかなければならない人がいたということでした。

 

 大工さんです。

 

 仙台に居たときにお世話になったT大工さんなのですが、私に多大な期待をかけてくれた人なのでした。岩手の会社に行くときも「白鳥さんはいずれ独立する人間なんだから、仙台に戻ってきたらいつでも手伝うから」と、その後もちょこちょこ連絡を取り合い、私が仙台に戻ってくるのを待ってくれていました。
 T大工さんは大手ハウスメーカーの下請けで、最近はもっぱらツーバイフォー工法の現場が多く、軸組みをやりたいという事も言っていました。そんな事情もあり、せっかく仙台に戻ってきたのだから、1つくらいは仕事をいっしょにしたかったのです。

 


私は悩みに悩んで・・T大工さんに相談に行くことにしました。

  


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

Posted at: 2017.3. 1(水)

新しいプリウスが来ました(^^)

先月まで頑張ってくれたプリウスは36万㎞を走行しました。

「車検がほぼ通りません」という引退勧告を受けまして、新しいプリウスを購入することにしました。

 

 

新しい・・といいましても、中古車です。

NEW puri1.jpg 

 

新型プリウスにしようかとも悩みましたが、100万円で65000㎞の同じ型が有る・・という情報をいただきましたので

100万円なら確実に元が取れると判断し、今までの年式も一緒のプリウスにしました!

 

約65000㎞から新しい歴史が始まります(^^)。

NEW puri2.jpg

 

 

36万kmで約地球9周・・よくぞ頑張ってくれました(^^)

 

お疲れさまでしたm(__)m

 

Posted at: 2017.2.25(土)

スマホ変換・・やっちまったぁ・・・

昨日、慌てた中でメーカーさんに急ぎの連絡をスマホメールでしたときに、慌てすぎて意味不明になってしまいました(><)。

 

 ***** スマホメール内容 *****

 前文云々・・・・

 状況確認の訪問お願いします(>_<)。

 お客様からおでん缶もらってて、そちらにゴレンジャーするのわすらてました。

 ********************

 

メーカーさんに言われて発覚・・。 意味不明です・・(--;)

 

 「おでん缶」=「お電話」

 「ゴレンジャー」=「ご連絡」

 に直して読んでみてください・・(--;)

 

  

 

ゴレンジャーするって・・どうするんだろう・・

 

 スマホの変換を慌てるとよくないですね・・(^^;)

 

 

Posted at: 2017.2.18(土)

インフルエンザ・・(^^;)

久々にインフルエンザに掛かってしまいました(><)。

予防接種は受けていたのに・・どっから仕入れてきたのかも分かりません・・。

 

自宅待機が続いてますが、この間に、止まっていた作業をまとめてやってます(><)。  

 

最近・・まったくゆとりのない日々を送っていて、気がついたら、ブログも更新が疎かになっており・・プランなどの作業も途中でフリーズしてしまって、日々の雑踏に追われる毎日でした・・(--;。

 

いい機会だと思って自宅で集中できてます。

 

(自宅より更新でした^^;)

Posted at: 2017.2.14(火)

1人猿岩石(ヒッチハイカー)GET

 

昨日、仙台の打ち合わせの帰りに、久々にヒッチハイカーをGETしました(^^)。

 IMG_20170204_ヒッチハイク.jpg

19歳の大学生で名古屋から北海道の先端まで向かうそうです。

 

10代のうちに北海道から鹿児島までヒッチハイクで制覇したいそうで、昨年が鹿児島に行ったそうです。

 

学生の時しかできない挑戦っていいですね(^^)。

 

せっかく岩手を通るので、焼き肉&冷麺をランチでご馳走しました。

 

がんばれ~

Posted at: 2017.2. 5(日)

【 流れに従って生きる ACT40:仙台での初めてのお客様 】

 

ACT40 仙台での初めてのお客様

 

 E氏とは早く別れようと心に思いつつも、そのタイミングは「流れに従おう」といういつもの感覚で私はすぐには行動に移さず、しかしアンテナはいつも以上に立てながらの日々を送っていました。

 

 その後私たちは、新しい受注を模索すべく、仙台の展示場兼事務所で4月に初めての見学会を行いました。

   折り込みチラシを入れての見学会だったので、力を入れた見学会でした。

 

 なんと、その見学会でいきなり3組の見込みあるお客さまを見つけることができたのです。

 これは幸先良いなぁ・・とも感じましたが、別の意味で不思議な感覚も受けたお客様3人でした。

  

・・というのは・・

 

 1組のお客様は、見学会とは関係なく、実は私が仙台のN建設に居たときに建てたお客様(OBさま)のご紹介の方でした。

 事前に電話で連絡があり、「たまたま今度見学会しますので来てください」とお話したお客様でした。

 

 もう1組は、純粋に展示場でのお客様だった・・といえばそうなのですが、このお客様も強烈に不思議な縁なのです(今後、登場してくるのでWGさまとしておきます)。
 みんなで見学会の会場準備をしているとき、牧田は自己流で「目を引く立て看板」を作って、展示場のそばに設置していたのです。

 それを見たE氏は「あいつ、なにやってるんだ?効果のなさそうな仕事して・・」と馬鹿にするように言っていました。

 しかし、その2組目のお客様(WG様)は新聞折込チラシを見ておらず、たまたま牧田が設置した立て看板を見て展示場に入ってきたのです。

 

 そして3組目のお客様は、純粋にチラシを見て電話で問い合わせてがあったお客様でした(この方も今後登場してきますのでSTさまとしておきます)。

 そのときは私が電話対応し、ご要望があったとおり、これまた私流にバタバタと作った資料を送ったお客様だったのです。資料を送ったあと、すぐに丁寧なお手紙が届きました。


 読みようによっては「お断りの手紙」にも受け取れる文面でしたが、解釈を変えると「興味がある」とも受けとれる・・本当にどちらとも受け取れる不思議な内容でした。

 


 その手紙を読んだE氏は、ここぞとばかりに私に噛みついてきました。

 

 E氏「お前が勝手なことするから、お客に逃げられたじゃねぇか!お前も営業センスが甘いんだ!今後、勝手なことするな」と言われました。

 

 

まさに、人のミスに漬け込んで、貸しを作ろうとする動きでした。

 

 


私には、その手紙を断りの内容には感じ取れなかったのです。

 

それでもE氏が「断りの手紙だ」・・と言うので、お客様(STさま)にお手紙を返しました。

「今回はご縁がありませんでしたね。ただ、こういう部分には気をつけて良い住宅会社を見つけてください。」という断熱についてのアドバイスを付け加えてお礼の手紙でした。

 


そしたら数日後、お客様(ST様)から慌てた様子で電話があり、 〇お断りの手紙ではなかったこと、 〇近いうち展示場に来て話を聞きたいことを伝えられました。

 

私「やっぱりあの手紙はお断りの文面ではなかったんだね」と言いました。

 

そのあとE氏は、ころっと態度を変えました。どう変えたのか・・。
それは、こうでした。

 

E氏 「展示場があるから仕事にできるなぁ!よかったなぁ!」。
 

 

つまり、自分の非には全く触れず、私の手紙がお客様の行動に起因したことにも触れず、「展示場の存在が受注につながる」=「自分の功績」を大きく主張しました。

 

 

 牧田の立て看板を見て入ってきたお客さまについてもでした。「牧田の立て看板が活躍したなぁ」・・という一言もなく、「展示場があって助かるなぁ」・・というような表現方法を使いました。

 


 あとで自分の功績だけを強調して、自分の収入増か展示場リニュアルへの大投資への布石にしているのだろうと思えました。

 

 

 最終的にはこの3人のお客様は仕事になるのですが、だれ1人として、「展示場が有った」ことが糸口ではなかったのです。

 


1人は紹介。
1人は偶然、縦看板を見たため。
1人はチラシ→断熱についての資料→説明という流れでした(展示場とは違う雰囲気の家づくりだったので、断熱理論でのご契約)。

 

この結果は不思議でした。

 

 

私は、仕事とは「仕掛け」に寄るのではなく、「人」に寄るのではないか・・という抽象的な感覚を覚えました。

 

 

「仕掛けに寄せる」のはハウスメーカーさんの手法であり、中小企業は「人に寄ってくる」のかなぁ・・という感覚です。

 

 

 新住協の会沢さんは、ちょうど2~3週間前に似たような話を私にしてくださっていました。それも有っての不思議な感覚を覚えたのです。

 会沢さんもずっと前から、「白鳥君・・組む人、間違ってないか?」と私を心配してくれている方で、会沢さんがその時に話した内容はこうでした。

 

 会沢さん 「もし、あの会社(㈱木の香の家)で仕事が増えるなら、それは展示場があるからではないと思うよ。白鳥君がいるから仕事が増えるんだと思うよ。白鳥君がいなくなるとその答えは分かるよ。すぐ仕事が減るから。」

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.2. 1(水)

プリウス・・引退

私のプリウスが・・昨日・・とうと現役引退しました(><)

 

車検を通そうと思ったのですが・・先月のハイブリットシステムチェックの表示と、最近ではエンジン音がおかしく・・

 

しかも、ボンネットの中にも融雪剤が入り込んで、いろいろと錆が多く出てました・・(--;)

 

引退勧告を受けてからも走行し・・最終走行メーターは 約36万7000kmでした。

pulius inntai.jpg

 

 新車で買って約9年・・お疲れ様でした(^^)

1年間に4万kmですね・・。

 

 

次もプリウスを中古車で予定しております! 

 

Posted at: 2017.1.22(日)

OBさまより住環境レポートが届きました

一昨日、OBさまより温熱環境でレポートをいただきました。

 

年末に暖房の調子が悪かったので調整後の確認レポートです。

「温度」 「湿度」 とも良好です(^^)

yamadasama kannsou.jpg

Posted at: 2017.1.20(金)

日差しのすごさ PART③  今シーズン一番の大寒波襲来 日差しあり⇒暖房なし28.5℃で扇風機

1月14日・15日の見学会もたくさんの方にご来場いただきありがとうございました(^^)

 

運よくなのか・・運悪くなのか・・今シーズン一番の大寒波が襲来して、

前日は雪かきが大変でした(--;)。

 

しかし、その苦労もあって、すごい状況が生まれましたのでレポートします。

 

 

******  実験ハウスの1月ピックアップレポート  ******

 

- 日差しのすごさ PART③  今シーズン一番の大寒波襲来 日差しあり⇒暖房なし28.5℃で扇風機 -

 

1月14日は早朝の外気温は-9℃でした。

その日は日差しが無かったため、5時から10時まで暖房をしてそのあとはOFFのまま見学会をしました。

 

1月15日は、なんと早朝の外気温が-12℃まで下がりました。

(下の写真では-11.3℃ですが、そのあと-12.5℃まで下がりました)

 

朝一番の室内温度は20.9℃ 湿度47%ですH290115 (大寒波 -11.5℃).jpg

ただ・・14日と違うのは、天気予報に反して日差しがあったのです!。

H290115 (大寒波だけど日射).jpg

日差しがあるので暖房はOFFにして見学会をしました。

 

H290115(8時スタート).jpg

(日差しが無いと思って早朝3時間だけ暖房をつけてしまい、21.4℃で暖房を切りました。)

AM8:00 暖房OFF 外気温-11.5℃ 室温21.4℃

 

日差しの力はすごい!

H290115(8時半).jpg8時半には室温22.0℃ 外気温はまだ-10.9℃

 

H290115(9時半).jpg

9時半には室温23.0℃ 外気温-10.1℃

 

H290115(11時半).jpg11時半 室温27.1℃ 外気温-5.8℃ もちろん暖房はOFF

  

その後も日差しは続き・・

H290115(昼の日射②).jpg 

H290115(午後3時半).jpg3時半にはとうとう 室温が28.5℃ 外気温-3.0℃という状態になりました。

 

暑くて扇風機を回して見学会をしておりました(^^;)

 

 

 

【 補足1:一般的には室温26℃を超えればオーバーヒート気味になりますので,

窓を開けてもちろん室温をコントロールします。】

 

【補足2:実験ハウスほど日射を遮る建物が周囲にない敷地状態は少ないですので、

ここまで室温が上がることも珍しいと思います】

 

【補足3:OBさまの情報ですと日射で25℃前後まで上がるという話は聞いたことがありますが、

29℃はよほどのことがないと起きませんので、ご心配はいりません】 

 

実験ハウスでは、太陽の力の凄さを理解していただく目的と、

このオーバーヒートした熱を床下に蓄熱する実験を試行錯誤中で、

そのため窓を開けずに扇風機でしのいでます(^^;)!

 

2月の見学会も天気次第では強烈なものが見れるかもしれません!

お楽しみに(^^)/

 


rakra P1.jpg 

(雑誌 ラ・クラの記事より)

Posted at: 2017.1.17(火)

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

skogのいえ