北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

インフルエンザ・・(^^;)

久々にインフルエンザに掛かってしまいました(><)。

予防接種は受けていたのに・・どっから仕入れてきたのかも分かりません・・。

 

自宅待機が続いてますが、この間に、止まっていた作業をまとめてやってます(><)。  

 

最近・・まったくゆとりのない日々を送っていて、気がついたら、ブログも更新が疎かになっており・・プランなどの作業も途中でフリーズしてしまって、日々の雑踏に追われる毎日でした・・(--;。

 

いい機会だと思って自宅で集中できてます。

 

(自宅より更新でした^^;)

Posted at: 2017.2.14(火)

1人猿岩石(ヒッチハイカー)GET

 

昨日、仙台の打ち合わせの帰りに、久々にヒッチハイカーをGETしました(^^)。

 IMG_20170204_ヒッチハイク.jpg

19歳の大学生で名古屋から北海道の先端まで向かうそうです。

 

10代のうちに北海道から鹿児島までヒッチハイクで制覇したいそうで、昨年が鹿児島に行ったそうです。

 

学生の時しかできない挑戦っていいですね(^^)。

 

せっかく岩手を通るので、焼き肉&冷麺をランチでご馳走しました。

 

がんばれ~

Posted at: 2017.2. 5(日)

【 流れに従って生きる ACT40:仙台での初めてのお客様 】

 

ACT40 仙台での初めてのお客様

 

 E氏とは早く別れようと心に思いつつも、そのタイミングは「流れに従おう」といういつもの感覚で私はすぐには行動に移さず、しかしアンテナはいつも以上に立てながらの日々を送っていました。

 

 その後私たちは、新しい受注を模索すべく、仙台の展示場兼事務所で4月に初めての見学会を行いました。

   折り込みチラシを入れての見学会だったので、力を入れた見学会でした。

 

 なんと、その見学会でいきなり3組の見込みあるお客さまを見つけることができたのです。

 これは幸先良いなぁ・・とも感じましたが、別の意味で不思議な感覚も受けたお客様3人でした。

  

・・というのは・・

 

 1組のお客様は、見学会とは関係なく、実は私が仙台のN建設に居たときに建てたお客様(OBさま)のご紹介の方でした。

 事前に電話で連絡があり、「たまたま今度見学会しますので来てください」とお話したお客様でした。

 

 もう1組は、純粋に展示場でのお客様だった・・といえばそうなのですが、このお客様も強烈に不思議な縁なのです(今後、登場してくるのでWGさまとしておきます)。
 みんなで見学会の会場準備をしているとき、牧田は自己流で「目を引く立て看板」を作って、展示場のそばに設置していたのです。

 それを見たE氏は「あいつ、なにやってるんだ?効果のなさそうな仕事して・・」と馬鹿にするように言っていました。

 しかし、その2組目のお客様(WG様)は新聞折込チラシを見ておらず、たまたま牧田が設置した立て看板を見て展示場に入ってきたのです。

 

 そして3組目のお客様は、純粋にチラシを見て電話で問い合わせてがあったお客様でした(この方も今後登場してきますのでSTさまとしておきます)。

 そのときは私が電話対応し、ご要望があったとおり、これまた私流にバタバタと作った資料を送ったお客様だったのです。資料を送ったあと、すぐに丁寧なお手紙が届きました。


 読みようによっては「お断りの手紙」にも受け取れる文面でしたが、解釈を変えると「興味がある」とも受けとれる・・本当にどちらとも受け取れる不思議な内容でした。

 


 その手紙を読んだE氏は、ここぞとばかりに私に噛みついてきました。

 

 E氏「お前が勝手なことするから、お客に逃げられたじゃねぇか!お前も営業センスが甘いんだ!今後、勝手なことするな」と言われました。

 

 

まさに、人のミスに漬け込んで、貸しを作ろうとする動きでした。

 

 


私には、その手紙を断りの内容には感じ取れなかったのです。

 

それでもE氏が「断りの手紙だ」・・と言うので、お客様(STさま)にお手紙を返しました。

「今回はご縁がありませんでしたね。ただ、こういう部分には気をつけて良い住宅会社を見つけてください。」という断熱についてのアドバイスを付け加えてお礼の手紙でした。

 


そしたら数日後、お客様(ST様)から慌てた様子で電話があり、 〇お断りの手紙ではなかったこと、 〇近いうち展示場に来て話を聞きたいことを伝えられました。

 

私「やっぱりあの手紙はお断りの文面ではなかったんだね」と言いました。

 

そのあとE氏は、ころっと態度を変えました。どう変えたのか・・。
それは、こうでした。

 

E氏 「展示場があるから仕事にできるなぁ!よかったなぁ!」。
 

 

つまり、自分の非には全く触れず、私の手紙がお客様の行動に起因したことにも触れず、「展示場の存在が受注につながる」=「自分の功績」を大きく主張しました。

 

 

 牧田の立て看板を見て入ってきたお客さまについてもでした。「牧田の立て看板が活躍したなぁ」・・という一言もなく、「展示場があって助かるなぁ」・・というような表現方法を使いました。

 


 あとで自分の功績だけを強調して、自分の収入増か展示場リニュアルへの大投資への布石にしているのだろうと思えました。

 

 

 最終的にはこの3人のお客様は仕事になるのですが、だれ1人として、「展示場が有った」ことが糸口ではなかったのです。

 


1人は紹介。
1人は偶然、縦看板を見たため。
1人はチラシ→断熱についての資料→説明という流れでした(展示場とは違う雰囲気の家づくりだったので、断熱理論でのご契約)。

 

この結果は不思議でした。

 

 

私は、仕事とは「仕掛け」に寄るのではなく、「人」に寄るのではないか・・という抽象的な感覚を覚えました。

 

 

「仕掛けに寄せる」のはハウスメーカーさんの手法であり、中小企業は「人に寄ってくる」のかなぁ・・という感覚です。

 

 

 新住協の会沢さんは、ちょうど2~3週間前に似たような話を私にしてくださっていました。それも有っての不思議な感覚を覚えたのです。

 会沢さんもずっと前から、「白鳥君・・組む人、間違ってないか?」と私を心配してくれている方で、会沢さんがその時に話した内容はこうでした。

 

 会沢さん 「もし、あの会社(㈱木の香の家)で仕事が増えるなら、それは展示場があるからではないと思うよ。白鳥君がいるから仕事が増えるんだと思うよ。白鳥君がいなくなるとその答えは分かるよ。すぐ仕事が減るから。」

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.2. 1(水)

プリウス・・引退

私のプリウスが・・昨日・・とうと現役引退しました(><)

 

車検を通そうと思ったのですが・・先月のハイブリットシステムチェックの表示と、最近ではエンジン音がおかしく・・

 

しかも、ボンネットの中にも融雪剤が入り込んで、いろいろと錆が多く出てました・・(--;)

 

引退勧告を受けてからも走行し・・最終走行メーターは 約36万7000kmでした。

pulius inntai.jpg

 

 新車で買って約9年・・お疲れ様でした(^^)

1年間に4万kmですね・・。

 

 

次もプリウスを中古車で予定しております! 

 

Posted at: 2017.1.22(日)

OBさまより住環境レポートが届きました

一昨日、OBさまより温熱環境でレポートをいただきました。

 

年末に暖房の調子が悪かったので調整後の確認レポートです。

「温度」 「湿度」 とも良好です(^^)

yamadasama kannsou.jpg

Posted at: 2017.1.20(金)

日差しのすごさ PART③  今シーズン一番の大寒波襲来 日差しあり⇒暖房なし28.5℃で扇風機

1月14日・15日の見学会もたくさんの方にご来場いただきありがとうございました(^^)

 

運よくなのか・・運悪くなのか・・今シーズン一番の大寒波が襲来して、

前日は雪かきが大変でした(--;)。

 

しかし、その苦労もあって、すごい状況が生まれましたのでレポートします。

 

 

******  実験ハウスの1月ピックアップレポート  ******

 

- 日差しのすごさ PART③  今シーズン一番の大寒波襲来 日差しあり⇒暖房なし28.5℃で扇風機 -

 

1月14日は早朝の外気温は-9℃でした。

その日は日差しが無かったため、5時から10時まで暖房をしてそのあとはOFFのまま見学会をしました。

 

1月15日は、なんと早朝の外気温が-12℃まで下がりました。

(下の写真では-11.3℃ですが、そのあと-12.5℃まで下がりました)

 

朝一番の室内温度は20.9℃ 湿度47%ですH290115 (大寒波 -11.5℃).jpg

ただ・・14日と違うのは、天気予報に反して日差しがあったのです!。

H290115 (大寒波だけど日射).jpg

日差しがあるので暖房はOFFにして見学会をしました。

 

H290115(8時スタート).jpg

(日差しが無いと思って早朝3時間だけ暖房をつけてしまい、21.4℃で暖房を切りました。)

AM8:00 暖房OFF 外気温-11.5℃ 室温21.4℃

 

日差しの力はすごい!

H290115(8時半).jpg8時半には室温22.0℃ 外気温はまだ-10.9℃

 

H290115(9時半).jpg

9時半には室温23.0℃ 外気温-10.1℃

 

H290115(11時半).jpg11時半 室温27.1℃ 外気温-5.8℃ もちろん暖房はOFF

  

その後も日差しは続き・・

H290115(昼の日射②).jpg 

H290115(午後3時半).jpg3時半にはとうとう 室温が28.5℃ 外気温-3.0℃という状態になりました。

 

暑くて扇風機を回して見学会をしておりました(^^;)

 

 

 

【 補足1:一般的には室温26℃を超えればオーバーヒート気味になりますので,

窓を開けてもちろん室温をコントロールします。】

 

【補足2:実験ハウスほど日射を遮る建物が周囲にない敷地状態は少ないですので、

ここまで室温が上がることも珍しいと思います】

 

【補足3:OBさまの情報ですと日射で25℃前後まで上がるという話は聞いたことがありますが、

29℃はよほどのことがないと起きませんので、ご心配はいりません】 

 

実験ハウスでは、太陽の力の凄さを理解していただく目的と、

このオーバーヒートした熱を床下に蓄熱する実験を試行錯誤中で、

そのため窓を開けずに扇風機でしのいでます(^^;)!

 

2月の見学会も天気次第では強烈なものが見れるかもしれません!

お楽しみに(^^)/

 


rakra P1.jpg 

(雑誌 ラ・クラの記事より)

Posted at: 2017.1.17(火)

大寒波襲来 北上15日の早朝-11℃!

本日も実験ハウス見学会です。

そんなタイミングで大寒波が襲来しました・・。

 

 

毎朝、実験ハウスの朝の温湿度を測って記録してますが・・

 

今朝は外気温-11.3℃(今季最高の寒さ) → その後 -12.5℃まで下がりました。

それでも室内は20.9℃でした。

昨晩は23.1℃で暖房を止めて寝ましたので、2.2℃下がりという感じです(^^)。

H290115.jpg

連日の大寒波でも何とか室温をキープしてます!。

 

ちなみに「湿度」は47% 乾燥感無しです(^^)。

 

本日の実験ハウス見学会を楽しみに来てください!

Posted at: 2017.1.15(日)

【 流れに従って生きる ACT39:E氏という人物 と 別れる気持ち 】

 

ACT39  E氏という人物 と 別れる気持ち

 

 HAさまの葬儀が落ち着いた後、会社は九死に一生を得る形でHAさんの現場を継続できました。

 

今回のようなリスクを回避するために会社として次の物件の受注を決めて模索している中で、運よく早々に2軒目の物件の受注に成功しました。

 なんと、それも岩手県(北上市)なのです。Cホーム時代の知人からの紹介だったのです。

 

 E氏は宮城県内でないことに不満を持ちましたが、1つの物件に偏る怖さを経験したばかりだったので受注を選択しました。

 この北上市の現場のため、私も岩手に通うようになり、鳥かごから開放された感じがして気分がよくなっていきました。

 

 牧田もHAさんの敷地内に現場事務所を構えて常駐していたので、かなり生き生きした目をしていました。

 

 それと反比例するように、E氏は自分の目の届かないところで自由に行動されるストレスでイライラしているようでチェックや縛りを強化してきました。

 

 そんな中、堪忍袋の緒が切れる事件が続けざまに起きたのです。

 

 1つ目は、私とE氏が仙台の事務所に居たときです。

 牧田から電話が入り、「材料の拾い出しミスで実行予算が20万円くらいオーバーしそうだ」という相談がありました。

 それくらい日常茶飯事だと私は思いましたし、人の上に立って社長の器の大きさを見せるのであれば「初めての現場だから、それくらいのこと気にしないで頑張ってどっかで挽回しろ」・・とでも言うだろうと予想しました。

 

E氏は違いました。

 

牧田のせいで20万円も損するかのような表現をして、事を大きくするかのような雰囲気で何度も話しました。

なんて器の小さい男なのだろう・・とがっかりしました。

そもそも牧田が居なければ、こんな大きな物件自体がスタート時点で無かったのですから・・。

 

ちょうどその電話があった日の午後です。

 

 

 E氏の友人である基礎屋さんへの支払いで、何故だか理由は分からないのですが、「振込みでなく直接現金でくれ」と頼まれ、自分の仲間?には甘いE氏は、銀行に基礎工事代金を降ろしに行ったのでした。しかも、わざわざ私の車を運転して・・です。

 

私の車の走行距離チェックも兼ねてだとは薄々わかっていましたが・・。

「自分の車で行けよ。気持ちわりィ・・」と思いました。

 

 


そして、事件は起きました。

 

 会社に戻ったE氏は、数分後、突然、「わああああぁぁぁ、わあああぁぁぁ、わあああぁぁ」と、びっくりするような大声を発して、わめきだしたのです。なんと、降ろしてきた60万円を紛失したのです。慌てて車の運転席まわりも探しては「わあああぁぁぁ」、持ってるかばんの中身も出しては「わあああぁぁぁぁぁ」・・と大声を出しながら探したのですが見つからないのです。

 


大声で「白鳥、運転してくれ!俺は、冷静になれないから運転できない!」と叫ぶ始末でした。

 


確かに60万円紛失は問題ですが、狂気のようにわめき散らす姿のほうが異常すぎて、そちらのほうに恐怖を感じました。

 


結局私が運転役で、銀行まで車を走らせました。

 


その車中でE氏は叫びました。

 


「くっっそぉぉぉぉ!あいつが現金でくれって言ったからこうなったんだ!あいつのせいだ!俺は悪くない!」

 

 

「・・・」

 

 

私は、何も聞いていない・・・。

  

 

責任追及もしていない・・・。

 

 

そんな状態で自分を擁護、他人への責任転換するようなわめき声に、この男の正体を見た気がしました。

 


 あの異常なわめき散らした姿は、自分の責任を軽減するための意図的な演技だったのだろうかと思わされました。

 

 銀行の駐車場へ着くなり、Eは助手席のドアを壊れるかと思うくらい勢いよく開けて、なんと開けっ放しのままでキャッシュコーナーへ走り出しました。

 私は「ふざけるな」と思いつつ、運転席から身を伸ばして助手席のドアを閉めようとしました。

  


・・と、そのときです。私は助手席の左下に挟まるように引っかかている銀行の封筒を見つけたのでした。 

 

 

私「あったぞ~!60万円あったぞ~」。

 


 私の呼び声に、Eは疲れ切った安堵の表情を浮かべて、てくてくと戻ってきました。

 帰り道でも、車の中で自分の責任がないようなブツブツという小言を言っていました。

 

 私が、「まぁこれで良かった」・・と思った事は、牧田に20万円の予算オーバー云々は笑って許すだろうということでした。

 

 

 

ところが・・、E氏は違いました。

 


 こんな事件が起こったにもかかわらず、自分のミスは棚にあげてその数時間後に、牧田に対して20万円について責任があるかのような電話を現場事務所にしたのでした。

 

 この男・・、人のミスに漬け込み、それを強調して「貸し」をつくり操ろうとする行為をしていることがわかりました。

 


 逆に、自分のミスは大きな話にならないうちに他人の責任に転換し、自分の非をもみ消すか沈静化しようとするのです。

 

 

1日にしてこの2面性を見てしまいました。

 

なんとも言葉にできない異様な恐怖感を覚えました。

 

 

 


 
 もう1つは、お金の使い方でした。

 Eは、仕事に必要なものを買うことにも厳しくチェックして1滴の水もこぼさないように蛇口を閉めるタイプでしたが、ある「唯一のこと」だけには、お金を惜しみなく使いました。

 

その「唯一のこと」とは、展示場に飾る「家具」と「展示場のリメイク」でした。

 

 理由は、「展示場は変えていかないと見飽きられる」という、もっともらしい理由でしたが、どう見ても、自分の所有物を良くしたいとしか考えられませんでした。

 


 最初から有った高級家具も、実は学生時代に40万円位したものを、気に入ってローンで購入し払えなくなって親に支払わせた・・ということをE氏のお母さんから聞いたことがありました。

 


 展示場のリメイクは翌年からの計画の話でしたが、あきらかに自分がかわいい自己陶酔型であることは行動の節々から判断できました。しかも、金への執着が人並みならぬものを持っており、まるで一円残らず全部自分のお金のように・・恐怖を覚えるほどの言動でした。
  

 

さすがの私も、HA様の葬儀~今日までに見た

信じがたいE氏に言動対して堪忍袋の緒が切れました。

 

そして E氏とは早めに縁を切って別れようと思い始めるのでした。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

Posted at: 2017.1. 1(日)

日射の凄さ -PART②- 「外は雪」・「中は扇風機」・「暖房は無し」

12月の実験ハウス見学会ありがとうございました(^^)

 

12月10日の土曜日は、変な光景が見られました。

 

当日の天気予報は 「 雪と曇り で日差しは無し 」・・の予報でしたが、運よく予報が少し外れて、日差しがありました(^^)/

 

朝一の室温は22.1℃ 湿度58% ・外気温は2.6℃

H281210.jpg 
 

外はかなりの雪が舞っておりますが、日差しがある・・という変な光景(^^;)

H281210雪の舞いと日射.jpg

そうしたところ、見学会の最中に室温がどんどん上がっていくのです。

昼には28.2℃・・湿度47%

H281210昼.jpg 

午後1時半には・・ついに室温29℃ 湿度45%H281210午後1時半.jpg 

暑くて窓をあけたいところですが・・明日から、また雪なので、熱を貯めるため我慢です(^^;)

 

扇風機を出して見学会をしてました。

 

H281210 冬の扇風機.jpg  

 

「外は雪」「中は扇風機」「暖房は無し」・・おしまい(^^;)

 

Posted at: 2016.12.12(月)

プリウス 36万㎞でピンチ!

ここ最近・・宮古・釜石・大船渡・仙台・・とかなりの遠方を毎日のように走っていましたら・・

いつの間にか、走行距離が36万Kmを超えてました(^^;)

 

そのレポートをしようとした矢先・・12月2日に突然プリウスにシステムチェックメッセージが出ました(@@;)

 

ハイブリットのバッテリーの寿命でしょうか・・(--;)

 

purius pinti.jpg 

36万㎞も走っていればそろそろ怪しいです。

 

走行には特に影響なさそうだったので、週明けに見てもらうとして、今日も宮古→盛岡と打ち合わせとメンテで走ってきます(^^;)。

 

Posted at: 2016.12. 3(土)

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

skogのいえ