北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

スタッフブログ

初!(^^)青森!!!

先週末、人生初の青森県へ。

青森県三戸郡田子町。どうやら県境。

「創遊村」という所へ行ってきました。

ko1.jpg

茅葺屋根が5棟。あの中の1棟をこれから古民家鑑定士として鑑定実習を行います(^^)

ど・れ・に・し・よ・う・か・な(^^)

ko2.jpg

これに決めたっ(><)

ってもう決まっていたんですが(^^;)...。

こちらの家を鑑定します。

観光協会から引用します。

「・どんひゃら館(語り部の家)

創遊村でただ1棟ある約200年前の南部の曲がり家です。ここでは、昔の民具や農具を展示しており、まさに昔に返った心地にさせてくれます。」

とのこと。

外観は、曲り屋。室内に入ると昔は馬屋があったような部屋がありました(^^)

ko3.jpg

茅葺屋根。土壁塗りの外観。

この辺は、雪が多いとのことで土台、足固めの部分にはベニア板が斜めに張られ豪雪に対応しているようです。

ko4.jpg

雨樋はついていないので、屋根から落ちた雨を受けるように家の周りぐるっと浸透させるようになっていました。

こういうのも良いなぁ~と、暮らしの工夫が見れます(^^)

ko16.JPG

さてさて、鑑定。何十?何百?項目を家全体を見ながら鑑定。

まずは、外観の写真を撮りながら壁や屋根など痛んでいる所、具合を確認。

青森支部の方に見るポイントを教えていただきながら確認、確認。

目立つのは土壁の割れ。

ko5.jpg

そんな中、見つけましたよ(^^)

金輪継ぎ(^^)

もともとの柱の根元は腐れたのでしょう。

こちらへ移築の際に痛んだ所を取り除き、金輪継ぎでついだのかなぁ~?

ko6.jpg

南面の縁側

小屋組み下に曲がった梁の差し物。

家のアクセントにもなってる気がします(^^)

戸袋には豪華な装飾は見られませんでした。

ko7.jpg

室内。

こちらは馬屋部分。

農具などの展示がありました。

実家にもこれあったなぁ~。見たことあるなぁ~。ダッシュ村で使ってたなぁ~と思うような品々。

時間も限られているのでじっくりは見れませんでした(TT)

ko8.jpg

ko9.jpg

茅葺は扠首組により支えられています。

丸太をなわで縛り接合されていますね(^^)

これで何百年ももつ丈夫な小屋組みが作られています。

子供をつれてくれば、「まっくろくろすけでておいで」と言ってくれそうですね(^^)

ko17.JPG

こちらも天井は無し。小屋組みが見えます。

畳敷きではなく板間。

床板の幅が50cmほどもあるような板が張りこまれています(◎o◎)

ko10.jpg

古いテレビやタンスが置かれ、雰囲気がありますねぇ~。

ko11.jpg

そんなこんなで鑑定完了。

外部、内部、など要所で確認するポイントを教えてもらいながらの鑑定。

時間はかかりましたが、わかりやすく、あまり混乱することもなく鑑定実習を終えることが出来ました(^^)

家の大きさもそれほど大きくなく、平屋だったのも幸いしました(^^)

 

去年、岩手で実習した時は坪数も大きく2F建て。

       はじめての鑑定実習で何からしたらよいのかわからず困ってしまいましたので...(--;)

  

他、茅葺4棟と体験?ができるような施設が2棟。

 

兜屋根っていうのかな?

鑑定場所となりの蕎麦屋さん。

今日はやってませんでした...。

ko14.jpg

その奥は...こんにゃく?

ko15.jpg

青森支部のみなさんありがとうございました(^^)

古民家鑑定士としてちょっとレベルアップした気分?

Posted at: 2016.7.14(木)

お届けしました(^^)

先日UPしたテーブル&ベンチを建具屋さんと共にお届けしていきました(^^)

 

材料は、タモ集成材。

塗装はオスモカラー。

約1.1m×約1.4mとちょっと特殊なサイズのテーブルです(^^)

小上がりの寛ぎのスペースにぴったりと納まりました(^^)

0706ka.jpg

もう一つのベンチの写真は撮り忘れてしまいました(TT)

今度、伺った際に撮影しなきゃっ(><)

Posted at: 2016.7. 8(金)

お待たせしました(><)Ka様(><)

だいぶお待たせしてしまっていた、テーブルとベンチが完成(><)

テーブルの材料の納期が2週間程かかりそこから建具屋さんで作成。

ようやく形になりました(^^)

これから塗装屋さんが塗装し、完成です。お届けまでもう少し(><)

kagu1.JPG

脚の振れ止めには、鼻栓で納め、少し遊び心を入れてみました(^^)

お客様よりこんな感じのテーブルが良いと画像をいただき、家の雰囲気に合うようアレンジを加え図面に。

そして形となりました(^^)

材料は、タモの集成材です。塗装の仕上がりも楽しみだ~(~o~)

kagu2.JPG

そして、こちらは、玄関に置くベンチ。

こちらも完成です(^^)

benti.JPG

塗装完了し次第お届け(^^)

設置が今から楽しみです(^^)

木の香の家では、家具の制作も承ります(^^)

家に合わせ、人に合わせ世界に一点もの。いかがでしょうかー(^^)

Posted at: 2016.6.28(火)

1/100模型

外観を、100分の1模型で確認、検討。

CAD図面で改良、修正を重ね、2回目に作った模型は 右と左 どちらでしょう?

窓の大きさ、形、位置など、よくよく吟味しました。

外部柱の位置や壁からの距離のバランス

正面からの妻壁の見え方にもこだわり、下屋の調整、屋根勾配調整、階高の調整 など・・

enndousamamokei.jpg

enndousamamokei (2).jpg

enndousamamokei (3).jpg

2回目に作ったのは・・・、「左」の模型です!

Posted at: 2016.6.15(水)

社寺建築の奥深さ

先月お引渡ししましたSa様より、これは絶対読んでおいた方が良いとオススメされた本があるのですが、あまりにも感動したのでご紹介します。

岩手県遠野市出身であり宮大工の菊池恭二さんが書かれた著書。恥ずかしながら、この本と出合うまで菊池さんのことを存じ上げませんでした。

色々と調べてみると、菊池さんは日本を代表する社寺建築に精通した名匠の一人であるのは間違いなく、「法隆寺の鬼」と呼ばれた西岡常一さんのお弟子さんでもあります。

菊池さん著書.jpg

何百年、何千年とその地に建ち続ける社寺建築を創りあげるのに様々な苦悩が伴っているのがわかる一冊です。

木の癖、人の癖を読み、木も人も全てが一つになって初めて、後世に受け継がれていく社寺が建立していく。

社寺建築を建立するのに、技や経験はもちろん、木も人も「適材適所」に配当するのがなにより大事だとおっしゃているように思います。

棟梁は木を選定するとき、山に入り、実際に木が立っている状態を見て伐採する木を決めるという。使う樹種の特徴や用途、その木の癖を熟知してなければならない。

東にねじり返す癖がある木は、西にねじり返す癖がある木と組み合わせ、ねじれの力を相殺し、その癖をプラスの力に変えて生かしてあげる。

人も同じで、一癖も二癖もある職人の癖を読み適材適所に配して、心を一つに組み上げる。

『塔組は木組み、木組みは木のくせ組、木のくせ組は、人を組め 人組は人のこころを組め』 西岡棟梁の言葉です。

a2d044d0-4e9f-46ef-b91a-38966cc2c3dd.jpg

そして、人育てについても言及しています。弟子を育てる基本は「教えないこと」。

大事なのは手取り足取り教えることではなく、「なぜ、こうなるんだろう」とウズウズしてくるのを待つこと。

失敗したら、「なんで失敗した?」と問う。弟子自身が自分で考える姿勢が大事なんです。

一般住宅にも共通している部分もあり、様々な気づきがある本でした。

木も人も「癖」があるから面白い。癖を生かし、心で建築を建てていきたいと思います!!

Posted at: 2016.6.11(土)

最近のつれづれ③

北上市に帰る日の朝。

お散歩がてら、近くの公園内にある展望台のような場所へ。(「紲(きずな)の杜」という所のようです)

そこからは久慈の海が遠くに見えました。

160505.jpgここには鐘が設置されており、東日本大震災後は鎮魂の鐘にあわせて黙とうを捧げているようです。

Posted at: 2016.6. 3(金)

web見学会

先週末の土日で北上柳原の家で見学会を開催させて頂きました。

今回は完全予約制であったため、予約して頂いた方のみ足を運んでくださいました。

今回来れなかった方のために、写真で少しご紹介します。

自称web見学会です..

無駄な装飾がなく、簡素でシンプルな空間であり、全体的に統一感がある品格のある住まいです。

玄関には作り付けの収納。

sa1.jpg

sa2.jpg

リビング、ダイニング、キッチンが一体となっていて、吹き抜けもあり開放的な空間です。

窓から見える緑が気持ち良いですね。

sa3.jpg

sa4.jpg

階段、手摺はシンプルに。手足が触れるところはなるべく無垢の木で。

sa5.jpg

二階ホールに入る光が吹き抜けから一階に落ちていきます。

sa6.jpg

1階リビングから玄関方向を。

sa8.jpg

sa9.jpg

今回は無垢のパインフロアを使用しましたが、やはり肌触りが良く、温もりがあります。

写真では表現できませんが、光の反射具合も柔らかく、なんともいえない落ち着きがあります。

見学会に来て下さった方々、そしてSa様のご厚意に感謝しております。

ありがとうございました!!

Posted at: 2016.5.26(木)

最近のつれづれ②

翌日は最近オープンした久慈市の「もぐらんぴあ」へ。

東日本大震災の津波で全壊した水族館が、ついに営業再開!ということで、

私と娘は初めて、主人は20数年ぶりの「もぐらんぴあ」へ行ってきました。

 

イルカショーとかはないし規模も大きくない水族館ながら、入館規制がかかっておりちょっと並びました。

 
 

中には、ふれあいコーナーやトンネル水槽(カメ吉が泳いでました)、南部ダイバーが現れる水槽などなど・・・

160504-1.jpg↑ 子どもから受けた質問に答えています。(とっても手が冷たいそう!) 

160504-3.jpg

館内にはさかなくんコーナーもあり、こんな物も・・・

160504-2.jpg↑ マンホールの蓋に描かれるなんてすごいですね!!

③へつづく

Posted at: 2016.5.16(月)

最近のつれづれ①

だいぶ経ってしまいましたが、先月の上旬にインフルエンザにかかってしまい、ダウンしておりました(^^;

娘が終わったと思ったら今度は自分が・・・

看病期間を含めると2週間もお休みしてしまいました(><)

長期の休みだったため、担当のお客様には大変ご迷惑をお掛けしましたm(__)m

 

そんなわけで、ひっさびさの更新です(笑)

 

最近のお出かけはゴールデンウィークですね♪

主人の実家に遊びにいくついでに、フォリストパーク軽米へ行ってきました。

とても暑い日で、確か軽米の最高気温が29.2度!!

風車とチューリープの共演がとてもきれいでした~(^^)

160503-1.jpg160503-2.jpg

つづく

Posted at: 2016.5.16(月)

伊礼智氏の本

小さな家でおおらかに暮らす。

近年、少しでも大きな家に住むことが豊かさの基準の一つであったように思いますが、それが住まいの質の向上と直結しているかというとそうではないように思います。

むしろ、必要以上の無駄に大きな家を安く安くと建てることで大味な家になる。

それなら、必要で十分な面積にして、余裕ができた予算を、質を上げることに使うほうが良さそうに思えます。

例えば、シート貼りの合板から、温かみと風合のある無垢フローリングにしたり、外部に木を植えて少しでも多く緑を増やすとか。

小さな家をネガティブにとらえる必要はなく、小さな家だけど心地よい居場所が点在していて、おおらかに、そして豊かに暮らすことを考えてこうよ、というのが伊礼さんの考えです。

そんな伊礼さんのノウハウが詰まった本が何冊あります。

伊礼さん.jpg

「伊礼智の住宅設計」はどちらかというと実務書です。膨大な詳細図面が惜しげもなく公開されていて、自社の設計にも生かせる内容であるため、教科書のような本です。吉村順三からの芸大系の系譜が伝承されていて、これからも何十年と色あせることのないバイブルであります。

「小さな家 70のレシピ」は項目ごとに分類されていて、大きな写真も多く、伊礼さんの作品集のような本です。一般の方もペラペラと気軽に読めるような内容です。一般の方はこの本から入門するのが良いのではと思います。

建築関係者はもちろん必読書ですが、これから家を建てようという一般の方もぜひ手に取ってみてください。

より高い次元で家づくりを楽しめるのではないでしょうか。

伊礼さん1.jpg

「小さな家 70のレシピ」の1ページ。

上記の2冊は持っていますので、興味のある方にはお貸ししますよ(^^)!!笑

Posted at: 2016.4.27(水)

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

最新記事一覧
skogのいえ