北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

スタッフブログ

宮沢賢治童話村

ライトアップで訪れてから入ってみたかった童話村。

「賢治の学校」の中へ入ってみました。

5つのゾーンに分かれていて、それぞれ面白い空間でした~(*^^*)

写真は最初のお部屋。

161113-1.jpg

他のお部屋は是非体験していただきたいです!

Posted at: 2016.12. 2(金)

コイズミ新商品内覧会

少し前になりますが、コイズミ照明の新商品内覧会に行ってきました。

面白い照明があったのでいくつかご紹介します。

161021-1.jpg↑ これはダウンライトの大きさの中に小さなスポットライトが入ったタイプ。

2つ入っている物と3つ入っている物があるようです。プッシュするとライトが出てくる仕組み。おもしろいですね~。

スポットライトを2つ付けるとごついな~と感じる場所などに向いているかもしれません。

161021-2.jpg↑ こちらは光の角度を変えられるダウンライトと、光の広がり方を変えられるダウンライトです。

シーンによってあかりを変えることの多い場所・・・リビングとかに向いてそうです。

161021-3.jpg↑ こちらは器具上部に凹みがあり、そこに装飾物を入れることが可能な器具。

おもしろいこと考えますね!

 

照明器具は年々進化し続けています。

どんなところに使えそうかな~と考えるとワクワクします(^^)

Posted at: 2016.11. 4(金)

北斎展

「北斎展 師と弟子たち」

八戸市美術館に行ってきました。

20161009-1.jpg

教科書でしか見たことがなかった北斎の作品ですが、実物は意外と小さくてビックリしました。

有名な富士の絵は、勝手な想像でA1ぐらいの大きさかなと思っていたのですが・・・

実物はB4ぐらい(賞状とかぐらい?)の大きさでした。

会場に設置してある北斎についての説明文を読んでみると、大きな絵はほとんど無いそう。

そんな賞状サイズの絵の中に、かなり細かく風景と人物を描いているな~といった印象を受けました。
 

結構な数の展示品があったのですが、早々に娘が飽きてしまい、あまりじっくりと見ることができなかったのが残念・・・

20161009-2.jpgグッズ売り場にて「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のマスキングテープを買ってしまいました。

当社からの封筒に貼ってあるかもしれません・・・・( ̄▽ ̄)

Posted at: 2016.10.25(火)

内装壁-輸入セラミックタイル-

キッチン対面側の壁や、リビング小物棚の奥壁にポイント使いで濃い緑色のタイルを検討中。

周りの梁や柱はこげ茶塗装で、良い雰囲気になりそうです。(^^)

今回インスタグラムで発見し、比較検討したいタイルは「平田タイル」の輸入セラミックタイルでした。

もう一つは「名古屋モザイクタイル」

サンプルを取り寄せ、実際の色味や質感などを確認・・・(やはり写真で見るのと若干印象が違います)

tile.JPG

置いて見たり・・・(右が平田タイル、左が名古屋モザイクタイル)

tile2.JPG

持ち上げて見たり・・・(厚さも違う)

tile3.JPG

実際に見ると深みがあり質感もとてもいい具合でした!

oldfranqais.jpg

以下連投ですみませんが、平田タイルのカタログで衝撃を受けたページです。

alchimia.jpg

brisa.jpg

catania.jpg

dahlia.jpg

edera.jpg

frammenti.jpg

kingwood.jpg

sicilia.jpg

update.jpg

wonder.jpg

Posted at: 2016.10.19(水)

TOTO工場視察

先月末に建材屋さんとTOTOさんのご厚意により、TOTOの工場視察に行くことができました。

今回はちょっとだけ報告がてら、ご紹介です。 

来年に創立100周年を迎えるTOTOさん。

北九州市北区にある小倉工場の敷地内に、昨年TOTOミュージアムがオープンしました。

今回の視察では、小倉工場の一部とTOTOミュージアムを案内していただきました。

まずは小倉工場です。

こちらは衛生機器(おもに小便器や大便器)を製造している棟を見学しました。

「へぇ~!」と思わず声が出てしまうようなことをいくつかご紹介します!

①成形⇒焼成⇒製品までの工程で、製品が13%も収縮するため、逆算して成形をしている。

 ※13%って少なく感じますが、焼成前と後ではかなり大きさが違いました。収縮後を計算して成形するってすごい!

②釉薬を塗布する作業は基本的には機械作業だが、複雑な特注品などは今でも手作業。

 ※塗布作業中の様子を見学できました。便器の内部配管まで均一に塗布されるよう、職人技が光ります。

③焼成は100m超のオーブンで約24時間かけて行われる。メンテの際は人が入れる温度に下がるまで3日程待つ。そして再稼働させて温度を戻すまでにまた3日程かかる。

不良品の便器にある不良点を見つけるコーナーがありました。なかなか見つけられる人は少ないそうです。

同行した建材屋さんが見つけていました!
 

次はTOTOミュージアム。

来年創立100周年を迎えるために、記念事業の一環として昨年建設されました。

建物は大きな"しずく"をイメージしているため、楕円形のような形でした。

TOTOの歴史や歴代の衛生機器など、たくさんの展示物があり、見ごたえ十分!

撮影OKの展示物をいくつかご紹介します。

まずは国内初の腰掛式水洗便器。

海外で見た腰壁便器を日本で作ろうと、試行錯誤した末に完成した品だそうです。

驚いたのは、和風便器よりも先だということ。

まだまだ下水道が普及していなかった日本では、売れなかったそうです・・・

160930-1.jpg次は衛生機器のミニチュア。

衛生機器がまだ知られていなかったため、営業マンがこれを持ち歩いてお客様に説明したそうです。

160930-2.jpg最後はトイレバイク。

バイオ燃料で動くそうです。

用は足せません(^^;

160930-3.jpg

☆おまけ☆

会社のお土産にこんな物を

260930-4.jpg

Posted at: 2016.10.16(日)

「Skogのいえ」内装窓 なかmado

ナチュラル提案住宅 「Skogのいえ」で使用される内装窓のご紹介です。

「Skogのいえ」については大分久々となってしまいました(_ _;)

「なかmado」は室内に設ける窓で、下の写真モデルハウスでは家事室に、階段に面して設けられていました。

本来壁である場所にこの「なかmado」をつけることで、暗くなってしまいがちな中廊下などに光を取り込む

ことが出来、また風も通ります。なにより、かわいいポイントになります!

無塗装品なので自由な着色が可能(^^)

nakamado (2).JPGnakamado (3).JPGnakamado (4).JPG

nakamado.jpg

Posted at: 2016.9.29(木)

ダーツの先には・・・

昨日テレビを見ていて、思わず「わあ!」とマンガのような声を出してしまいました。

それは某番組での「ダーツの旅」。

ダーツが当たった場所が、なんと私の地元!

秋田県雄勝郡羽後町でした~

しかも取材していた校庭は、母校の西馬音内小学校ではありませんか(・0・!

いやはや、びっくりしました。

160914-1.jpg160914-2.jpg160914-3.jpg↑ 前回のブログでも書きましたが、端縫いの衣装を着て踊る"西馬音内盆踊り"であります。

 

少しでも羽後町を訪れてくれる観光客が増えてくれるといいなと思います(*^^*)

Posted at: 2016.9.15(木)

端縫いの郷へ

私の地元は秋田県雄勝郡羽後町西馬音内ということころで、

西馬音内盆踊りがちょっと有名です(^^)

※ちなみに・・・「西馬音内」は「にしもない」と読みます。

普通の人は読めません(^^; 「馬音」を「も」と読むんですから。

毎年恒例の大曲花火大会に行くために実家に寄るのですが、近くに道の駅が完成したらしく・・・

早速行ってみました!!

 

外観はこんな感じでした ↓

160828-1.jpg内観はワンフロアで間仕切り無し!

入ると杉の木の香りがしました♪

160828-2.jpgそして「端縫いの郷」の由来は・・・

 

160828-3.jpgそう!この衣装の事を「端縫い」と言います。

盆踊りの衣装は、着物をつぎはぎしながら母娘代々受け継がれていくものなんです。

だから世界に一つしかない着物になるんです。

しかもこの衣装は成人女性が身に着ける物で、母親が西馬音内出身ではないので実家には無く、私は着たことがありません(^^;

高校生までは実家暮らしだったので、たまに踊っていたのですが、その時は袖の裏に赤地がある浴衣に黒頭巾をしていました。

 

小さな田舎町ですが、盆踊り期間中(8月16日~18日)は、観光客の方がたくさん訪れてくれます。

優雅な手さばきと足さばき、かがり火の明かりと熱さ、よく聞くと面白いお囃子と太鼓の音。

一度訪れてみては??

 

☆おまけ

道の駅「端縫いの郷」で食べられる"西馬音内そば"&松ぼっくり姉妹店のジェラードもいい感じ♪(ジェラードは撮り忘れ)

160828-4.jpg

Posted at: 2016.9. 5(月)

てしごと市

夏油高原で開催されていた「てしごと市」に初めて行ってみました。

ガラス工芸や革製品、ビーズアクセサリーや木工、食品まで、さまざまなジャンルのワークショップのイベントです。

たくさんのショップがあるなかで、きれいだな~と思って買っちゃいました!

160813-1.jpgガラスのピアス(*^^*)

中に銀色を散らばせて、さらに表面をでこぼこに仕上げているそうで、光が乱反射してとってもきれいです。

銀色の後ろにはすこーし紫色を入れたとのことで、不思議なきらめきに♪

↓ 後ろから見るとこんな感じ

160813-2.jpg

作家さんは神奈川県からいらしていて、少しお話をさせていただきました。

岩手には他のイベントでも訪れるようで、よく来てますよ~とおっしゃってました。

お店の名前は「グラスガーデン」。

どこかのイベントで見かけた方は立ち寄ってみて下さい(^^)

Posted at: 2016.8.17(水)

宮沢賢治童話村

宮沢賢治童話村のライトアップを見てきました。

実は訪れたのは初!

北上市に12年いるのに一度も行ったことがなく、初めて行ったのが夜・・・ということに(笑)

 

とっても幻想的で綺麗でした~(^^)

まずは正面に見えてくる大きなオブジェ!

この日はほぼ満月?で雲がかかり、さらに幻想的な空間になっていましたよ。

20160718-1.jpgカラフルなガラスのようなオブジェの内側にミラーボールが垂れ下がっていて、下からのライトアップできらきらと光っていました。

20160718-2.jpgミラーボールからの光が、オブジェのまわり一面の芝生に雪のように散らばって・・・・・

音楽とあいまって別世界~

20160718-3.jpgこちらは池の奥に十字架が光ってます。

水面にも移って、光る鉱石が浮かんでいるようでした。

20160718-4.jpg

杜の中にオブジェがところどころ・・・そこに光が差し込んで・・・

うーん、こちらもなんともいえない美しさ!色彩のバランスがいいですね~。

※実物はもっときれいですよ!(写真の腕がないので、これで精いっぱいですーー;)

ライトアップの期間はまだあるようなので、チェックしてみてください。

私も再度訪れたいです。

Posted at: 2016.7.25(月)

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

skogのいえ