北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

【流れに従って生きる ACT1:大学受験】

私は、高校3年の大学受験の頃から、「流れに従って生きる」という感覚を身につけるようになり・・その信念で生きてきました。

 
 高校3年のとき、

「大学に進学する」・・というだけで、それ以外の明確な目標のないまま、日々「受験勉強」・・に時間を費やしていました。

多分、休みの日は11213時間、起きてから寝るまで勉強していたと思います。


 しかし、あまりの猛勉強のため・・疲れはててしまい・・受験間近だったのですが、1週間ほど一切の勉強をやめて、外で星ばっかり見て考えていました・・。

 

「何のために勉強しているんだろうか」・・

 

「何のために大学に進むんだろうか」・・

 

「将来、何をやりたいんだろうか」・・


 

答えが出るまで、勉強がする気持ちにならなくなりました。


 毎晩、星を見ながら問答をしていましたが、その時の心境としては、

「勉強しても目標がないなら受験で失敗してもいいや」・・という感じでした。

 
 そんな、こんな、問答をして約1週間・・、不思議と自分の気持ちの中で整理がついてきました。

 しかも、その方向が、人生 納得いくなあ・・という確信めいたものも感じました。

 
 結論としては、

「ものづくりが好きだったから建築をやろう」と

「漫画も好きだから漫画家になろう」の2本立てでした。

 
 これ以外は頭から消えて、遅れを取り戻すように勉強に集中しました。

 

 目標を持った時の集中力の差は、格段に違うものだ・・という感覚は今でも覚えております。

 

 家が貧乏なので、近距離・国立大学・建築学科・・というと東北大学しかなかったため、今まで以上に勉強したと記憶しています。

 

【共通一次試験】

 共通一次試験(現在でいうセンター試験)の最後の年に私は大学受験をしました。
 
 
 私はこの受験で科学系の試験4つの中から「物理」を選択して受験しましたが、あまりの難しすぎる問題に顔面蒼白・・(@@;)。

 
 動揺を隠せず、共通一次で いきなり つまづいてしまいした・・( ̄O ̄;)。

 
 合計点数も予想をはるかに下回ってしまい、大学選択を変更せざるをえない状況に陥ったのです。

 

東北大学の足きりラインに到達しなかったのです。


 
 人生設計すら変わる状況に、しばし呆然・・

「困った・・将来、何になるために・・どこの大学を選択しようか」・・(;_;)

ところがどっこい、ありえない前代未聞のトラブルが発生。

 

 科学4教科の問題難易度に、あまりにも差があるということで、お国から「点数調整」という前代未聞の「ありえない措置」が急浮上!。

 

 それに伴い、東北大学が「足きり」を行わないことを緊急発表!!(これも前例ナシ!)。

 

 さらに、1次試験の点数は、2次試験の点数の比率にすると、ものすごく圧縮され(ほぼ0に近いくらい)、事実上 「2次試験のみ」の一発競争になりました。

これは超ラッキー!(俺にもまだまだ運はある。)

 
こんな、「ありえない出来事 3連発」のおかげさまで、何とか東北大学の工学部に滑り込むことができました。

 
この時点で学科は決まっていませんでした。

 
 あきらめなければ・・何とかなるものだ・・と、自分の幸運ぶりに喜んでいる日々でした(^^;)



 

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます*

 

Posted at: 2014.5. 4(日)

前の記事 56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66