北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ
TOP > 代表白鳥のブログ > 【 流れに従って生きる ACT60(第1幕 最終話):「オンリーワン」

【 流れに従って生きる ACT60(第1幕 最終話):「オンリーワン」


ACT60 (第1幕 最終話):「オンリーワン」

 


 
 いろいろな試練を乗り越えながらも、2001年 私は本当の意味で独立することができました。

 Ho建材の社長はじめ多くの方のご協力もあり、多くの困難を乗り越えることが出来ました。

 新会社のスタートダッシュには菅原さん(現かみさん)の人脈営業力という幸運にも恵まれました。


 

 

 新会社のスタートは順調と言えるものだったと思います。

 そんな穏やかな気持ちで仕事をこなしている土曜日の昼です。

 

 当時視聴率の高かったテレビ番組、「どっちの料理ショー」の再放送(1999年9月放送の再放送)をしており、たまたま昼ご飯を食べながら1人でそのテレビ番組を見ていました。

 


「食材のテーマ」が、「鶏肉 vs 豚肉」・・ということで、ふと気になりテレビ画面を見ていました。

 


「偶然だけどHAさんの牧場と同じ食材だなぁ・・。HAさんの牧場もいつの日か、特選食材としてこの番組で出演してくれればいいのになあ・・。」と、ボーっと見ていました。

 


ところがです。

 

その再放送の「どっちの料理ショー」の特選食材の供給先として登場した牧場は・・、なんとHAさんの牧場だったのです。

 


あまりの唐突な展開に、口の中に入れたお米を噴き出してしまうほどびっくりしました。

HAさまとの家づくりの打ち合わせの時期に、そんな話を一度も聞いていなかったのです。

 


 「すぐに菅原さんに電話しなきゃ!」と即座に思いました。HAさんがどういう人だったか菅原さんは知らなかったためです。
ところが、HAさんの牧場がテレビに登場すると同時に、偶然、菅原さんの方から電話が掛かってきました。

 

 私は大声で「今、家!? テレビ見てるか!?」

 

 菅原さん「家だけど、テレビ見てないよ」

 

「早くテレビつけて、どっちの料理ショーつけて!!」

 

「え・・え・・」

 

 ちょうどそのタイミングで、テレビ画面に亡くなられたHAさんが映ったのです。

 


私「この人が、前に何度も話していたHAさんだよ。まさか、今日テレビに映るとは思っていなかった・・」

 

 

 

 

そのとき、私は、菅原さんと結婚するんだな・・と直感で思いました。

 


そして、2002年の日韓サッカーワールドカップの年に私たちは結婚しました。

 

 

 ところが、長男が誕生する2003年の冬2月ごろ、焦る時期がありました。

  

 春からの仕事が全く見えてなかったのです。

 

 子供が生まれるのに仕事が見えない・・。


 正直、焦りました。

 

 


 住宅の路線が世の中のニーズと合っていないのか?

 私の宣伝方法がおかしいのか?

 

 ローコスト規格商品で進むべきなのか・・。このまま、お客様がこだわる住宅で進むべきなのか・・。世の中は、どっちを必要性としているのか・・。

 

 ホームページの表現方法、チラシの出し方に自信はありました。しかし、結果が見えてこなかったので、悩んでました。まさに「どっちの家でショー」・・である。寒っ(‐_‐;)・・・。

 

  


 しかし、またも救われることになるのです。

 


 子供が運を持って生まれてきたかのように、長男が生まれて2週間後の見学会で、一気に5軒もの契約が見えたのです。

 以前からホームページを見てて、見学会を機に相談に来たというお客さんがたくさんいました。

 

 


 仕事が見えないプレッシャーから解放された思いで、精神的には、またしても九死に一生を得た感じでした。

 


 創業時は、かみさんに助けられ、2年目の危機は子供の運に助けられました。

 

 

 


 雪が融け始めた3月・・。私は、HAさんのお墓の前にいました。HAさんの命日に、「なんとかやってますよ」という近況報告をしたかったのです。

 


 そのお墓のとなりには大きな石碑が立っており、そこには町長からHAさんに宛てた文章が書かれてありました。

 

 

 その長い文章の中に、ひときわ目立つカタカタの文字が刻まれていた。

 


「オンリーワン」

 


 生前、HAさんが、事業をするときに常に口にしていた言葉だといいます。いつも、「オンリーワン」でなければならないとHAさんが語っていた・・と、その石碑には刻まれていました。

 

 お亡くなりになったあとも、HAさんには事業の道しるべをいただいくこととなりました。

 


「オンリーワンの家づくり」

 


わたしの目指すものは、このとき、これで決まりました。

 

 

 

****************** 

 

エピローグ 「何かをあきらめることが大人になることじゃない」


 今までの環境から脱却するのは、やはり勇気が要ります。今までの慣れた環境にいる方が、ず~っと楽なのです。私は、そういう人生の岐路に立ったとき、よく聴いてた歌があります。

 

DEENの「少年」という歌です。

(文末にアクセスボタン付けております)

 


その一節の詩が、いつも迷った私を勇気づけてくれました。

「何かをあきらめることが大人になることじゃない。捨てるもの一つもなかった、あの日の僕らのように・・自由に・・」

 

 この詩を聞いて、何のために生まれてきたのか・・、何を残すのか・・、社会的な存在意義は何なのか・・、どう進めば目指すものに近づくのか・・、そんな自問自答を繰り返してきて、直感で感じ取った「流れ」に勇気を持って乗ってきました。

 

 結果として、ここまでは「流れ」に従って正解だったと思いたいです。

 

 そして、今後どういう「流れ」が待っているのか、それも期待して決して焦ることなく平凡に過ごしています。

 

  

 
 今回、このレポートを書くにあたり、自分の人生を振り返る機会を得ました。はじめは軽く書くつもりでしたが、書いていると面白くなってきて、作家になった気分でどんどん書くことになってしまいました。これも何かの「流れ」なのでしょうか・・。

 

 もうひとつの夢である「漫画家」・・。今後の人生でなれるのでしょうか・・。あきらめることなく目指していきたいものです・・。


                          記述 平成17年2月      

 

 

 

 追記:第1幕の「流れに従って生きる」は今回で終了いたします。

    しかし、第2幕の私の人生は、これ以上の波乱に満ちた出来事が次々を起きます。

    人生の第2幕「流れに従って生きる」もまとめていきたいと思います。 

 

 

 

人生の岐路で背中を教えてくれた DEENの「少年」です

 

 

 

 

Posted at: 2018.10. 1(月)

« 前の記事へ  |  記事一覧  |  後の記事へ »

skogのいえ