木の香の家

TOP > 代表白鳥のブログ > 詩 「卵かけごはん」

詩 「卵かけごはん」

 

「卵かけご飯」

 

 

単純な食べ物でありながら、奥が深い...

 

 

子供のころは、単純に「醤油」を掛けて食べていた。

 

 

醤油の量は「てきと~」で、しょっぱ過ぎたときもあった。

 

 

あれから40年...いろいろ試して落ち着いたバランスがある。

 

  

それにたどり着いてからも いろいろ「卵かけ専用醤油」なるものも試したが...

 

 

やっぱりこの組み合わせに戻ってしまう...。

 

 

  

それは「生卵1個」に「創味のつゆ」を「キャップ2杯」

 

DSC_1308.jpgキャップ1杯では薄く...3杯では濃すぎる...2杯がちょうどいい...

 

 

私の中の「卵かけごはん日本一」は、今のところこれ...。

 

 

書いてて、唾液が出てきた

(汚い...)

  

 

 

詩人なったつもりで、卵かけごはんを熱く語ってみました...。

 

 

  

どなたか、「これはうまい!」という卵かけごはんの別バージョンを教えてください(^^;)

 

 

 

Posted at: 2017.8.21(月)

« 前の記事へ  |  記事一覧  |  後の記事へ »