木の香の家

TOP > 代表白鳥のブログ > 【 流れに従って生きる ACT44: E氏の攻勢 】

【 流れに従って生きる ACT44: E氏の攻勢 】

ACT 44 E氏の攻勢

 数日後、私はE氏に会社を辞めることを伝えました。

 

理由をなんと話したか忘れてしまいましたが、とにかく、考え方がかなりずれているという意味合いは伝えたと思います。

 


 それを聞いたE氏の攻勢は、私の予想をはるかに上回るほどすごかった・・というか・・すさまじいものがありました。

 


「おまえは絶対にお金で失敗する」と脅したり、すかしたり、なだめたり、わびたり、その喜怒哀楽の激しさといったら、尋常な人間がする行為には思えないほどでした。

 

 おかしいとも感じました。

 

 私が社長だったら、辞めたいという人間を会社に置いていても仕方ないので、あっさり認めるだろうなぁ・・と想像できたからです。嫌々仕事するくらいなら辞めてもらって、お互いに次のステップを踏むように話すだろうなぁ・・と想像できました。


E氏が何故そこまでして、辞めさせないように怒鳴ったり、組もうと歩み寄ったりするのかが理解しづらいものがありました。

 

 E氏の怒涛の攻勢は1か月も続きました。脅しの内容はいつも同じで「こういう理由でお金でつまずき、お前は人生を棒に振る」というものでした。
 散々脅したあとでなだめるときは「今、うちの会社には4000万円の現金がある。少し貸してやってもいいぞ」という譲歩案もありました。

 

 私は、これもおかしいと思いました。

 

 4000万円は一時的に入金された工事代金であり、その8割~9割は支払いにまわり、会社の運営費用も考えれば数%しか使える資金は無いはずなので、数か月後にはほとんどが消えるお金なのです。あたかも、その4000万円がず~っとあるように表現している感覚に違和感を覚えました。

 

 もちろん、お金なんて借りたら、何十倍もの「貸し」に化けることは分かっていましたし・・、再独立に向けて強い流れも感じて腹も決まっていたので、そんな茶番劇に動じることはありませんでした。
 私を信頼して出資してくれたHo建材の社長さんには、何度も事情を話して最終的には理解してもらいました。

 

 

 1ヶ月ほどの攻勢でも折れないことが分かったE氏は、私に会社を辞める代わりとして2つの条件をだしてきました。

 

 


 1つは、その時点で私が担当して契約寸前だったお客さま(STさま)の引継ぎでした。私の手紙でここまで話が進んだので心苦しかったのですが、STさまには、E氏の方から「白鳥が結婚するので岩手に戻る」という電話をするので、私から一切の連絡をとらないことを言われました。
私から電話すれば契約すら壊れると警戒したのでしょう。

私は快諾し、「どうぞご自由に」・・という思いでした。


もう1つは、私が居なくなるとE氏にとってHo建材の社長の存在は邪魔でした。

 


「株式会社」の称号は取れているし仕事も見えている状態なので、株を買い取ってHo建材の社長さんには、株主から抜けてもらうように私に協力しろ・・ということでした。

 


これも、問題ないと思い快諾しました。

 

 Ho建材の社長にとっても、私が居ない会社に出資する義理もないと思うので、すぐにOKしてくれると思いました。

 

 私は2つの条件を飲むことでE氏をようやく説得でき、次のスタートのための準備に取り掛かりました。

 菅原様邸を初めての物件にさせていただくお願いや、周りの人へのあいさつなど周辺整理に日々を費やし、ほぼ事務所には行かなくなりました。

  

 


 しかし、ここから思わぬ方向へ話が展開していくのです。

 

 


数日後、突然、私の携帯電話にST様(お客様)から電話が掛かってきたのです。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2017.6. 1(木)

« 前の記事へ  |  記事一覧  |  後の記事へ »