北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

木の香の家 新展示場建築物語
TOP > 木の香の家 新展示場建築物語 > 木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 第60 話:リビング 収納①

木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 第60 話:リビング 収納①

 

木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 WEB見学会

【毎月15日更新】

- 乾燥ストレス・ゼロの家 -

 

第60話:リビング収納①

 

実験ハウスでは、毎月見学会を開催するため

生活感の無い雰囲気を出そうと収納の工夫をしています。 

 

「微妙な寸法の効果」と合わせて、数回に分けてご紹介いたします。

 

今回は「ファミリクローク」と「階段下を利用したテレビ背面収納」です。

図面①.jpg

ここで微妙な寸法調整の効果を知っていただくために、

『モジュール』ということについてご説明いたします。

 

よく・・「メーターモジュール」とか「尺モジュール」

という言葉を耳にすると思います。

 

「メーターモジュール」とは、壁を1m間隔で設計することです。

「尺モジュール」とは、全ての部屋を91㎝間隔で設計することです。

 モジュールを守ると「施工スピードが速く」なり、現場としては工事しやすいという

作り手側のメリットがありますし、

モジュールを縛ることで「コストダウン」ということも考えられます。

 

 

ただ、部分的にモジュールを崩すことで「使いやすくなるスペース」もあります。

 

 

例えば、実験ハウスファミリークロークを

『尺モジュール』で設計すると下図のようになります。

図面②.jpg

ここで次のような目的でモジュールを崩してみます。

 

① トイレは奥行き1820㎜無くても全く問題ない。

② トイレの横幅1mあったほうがゆとりがある。1.2mくらいまでセーフかな

③ファミリークロークの横幅は、できれば2mくらいあると中央にゆとりが出来る

 

そうやって微妙な寸法を調整すると下図のようになります。

図面③.jpg比較するとお分かりになるかもしれませんが、ちょっとした寸法で実はゆとり感は違います。

 

もちろん隣のスペースに影響するため、

いつでも調整可能というわけにはいきませんが

うまく出来れば寸法微調整でスペースを有効活用したいですね(^^)

  

 

1階にファミリークロークを持ってきた目的は

IMG_4118.JPG 

見学会前に、『一気に押し込める収納スペース』 としての性格と

『仕事から家に帰ったら、2階まで着替えに行かないなぁ』・・という

生活リズムを想像したためです。

 

扉を開けてみますと、

わずか2畳強ですが・・

IMG_4119.JPG 

IMG_4120.jpgパイプを2段にしたこともあり、かなり入ります!

中央のスペースも20㎝広くて、ゆとり感があります(^^)

 

  

続いて、階段下を利用した『テレビ台背面収納』です。

TV壁.jpg

テレビ壁の後ろ側は、下図の点線のように階段が隠れているのです。

20180315095611645_0004.jpg

IMG_4121.jpg 

その階段下を利用して、DVDやゲームソフトなど

小物類を一気に隠す浅い棚を設置しているのです(^^)

 

20180315095611645_0005.jpg 

写真右側のくぐり開口から入ってみましょう。

IMG_1312 (1).JPG間接照明で演出しているため・・

まさか物置スペースとは思えません(^^;)

 

・・が・・

IMG_4115.jpg裏側にまわると・・けっこうな配線量です(--;)

DVDやゲームソフトは思ったより少なく、

棚スペースは余ってますが、モデム関係をまとめたり、

見学会の時に小物を隠すスペースとして

重宝しております(^^)b

 

 

一瞬で片づけて、

リビングをスッキリ見せるための

『収納の工夫』は

まだまだありますんで、次回は2回目として

収納の第2段をご紹介いたします!

 

Posted at: 2018.3.15(木)

« 前の記事へ  |  記事一覧  |  後の記事へ »

skogのいえ