北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

木の香の家 新展示場建築物語
TOP > 木の香の家 新展示場建築物語 > 木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 第54 話:外部仕様のご紹介と実験

木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 第54 話:外部仕様のご紹介と実験

木の香の家 展示場 兼 実験住宅 建築物語 WEB見学会

【毎月15日更新】

- 乾燥ストレス・ゼロの家を目指して -

 


第54話:外部仕様の  ご紹介  と  実験

 

今回は外部仕様のご紹介です(^^)

gaikann minami.jpg(南からの外観)

 

gaikann kita.jpg(北からの外観)

 

外壁は「板」+「塗り壁」で構成しております。

 

 

〇 「板」は岩手県産材の「杉」です。

 

張り方をどうしようかと悩みました。

① 突きつけ  ② 10㎜ほど隙間を開ける など

IMG_2858.jpg

いろいろ仮で貼ってみて、大工さんと相談した結果、

板材の上部を斜めにカットして突きつけとしました。

 

目透かしに見えるのと、雨水が切れる良さもあるので、

デザイン性も考えて、この方法で貼りました。

 

黒いビスもアクセントになってます(^^)。

 

 

〇 塗り壁はジョリパットです。

IMG_2868.jpg漆喰も考えたのですが・・

 

メーカーさんに言われて、雪が溜まる部分に漆喰はNGということでした。

1階の屋根に雪が溜まると、2階の壁に不具合が出る恐れがあるということで

今回はジョリパットで施工しました。

 

 

もう1つ 塗り壁で「実験」していることがあります。

 

「付加断熱200㎜」で「塗り壁が割れないか?」です。

躯体の外側に200㎜を出して塗り壁をする施工事例はほぼ無いと思います。

 

200㎜も幅があると下地の木が暴れて・・塗り壁が割れるのでは・・というリスクからです。

 

今回は実験ハウスなので、あえて「割れるかどうか」の実験をしております。

 

もちろん下地も補強を考えながらしっかりしておりますが、

 

約1年目は割れは確認されておりません(^^)b

 

 

〇北側の顔で風除室がガラスですっきり見えます。 

IMG_2866.jpg

工夫は、柱に溝を掘ってガラスをはめ込んでいる細工です(^^)。

IMG_2861.jpgサッシを使わないため、枠がありません。

柱からすぐにガラス面ですので、スッキリ見えます。 

 

〇 軒天も岩手県産材の「杉」です。 

IMG_2878.jpg色ノリが良いので「杉」を採用しました(^^)。

 

外壁と同じ「杉」ではありますが、

幅と厚みも違いますし、

塗装している色の濃さが違うで別の樹種に見えてしまいます。

 

 

〇 2階の屋根はソーラーですが、1階の屋根は「リッジウェイ」です。

IMG_2857.jpgこれはメリットが多いです。

 

1番のメリットは「雪が落ちない!」

もう1つは「メンテナンスが要らない」

 

一冬過ごしてみて、雪が落ちないことがありがたいです(^^)b

 

 

〇 テラスはデッキでなくタイルを採用

IMG_2877.jpg2階の屋根がソーラーということで、

雪が落ちてきます。

 

当初はウッドデッキの予定でしたが、

雪で壊れるリスクと、ものぐさな私が塗装出来るかどうか迷った結果、

コストが上がりますが、タイルテラスにしました(^^)。

 

結果としては、良かったと思っております!

 

 

(実験ハウスレポートは 毎月15日更新していきます) 

 

 

Posted at: 2017.9.15(金)

« 前の記事へ  |  記事一覧  |  後の記事へ »

skogのいえ