イメージと現実

@:断熱材の性能の真実

断熱材の現実の性能比較
<比較のねらい>
よく、住宅展示場に行くと、「うちの断熱材は○○の何倍の性能です!」とか、「南極観測所などで使われている!」とか、消費者に過剰な印象を植え付ける営業トークが多く聞かれます。まるで、その断熱材を使えば、ものすごい住宅ができるとイメージさせられますが、実際、断熱材の性能はどれくらい違うのでしょう?現実を知るために、比較表を作成してみました。
同じ厚み比較での性能順位(下の方が高性能) 同じ断熱効果に必要な厚み比較
普通繊維グラスウール10kg/m3品 約130o厚
普通繊維グラスウール16kg/m3品 約117o厚
ビーズ法ポリスチレンフォーム4号 約110o厚
ビーズ法ポリスチレンフォーム3号 100o厚
押打法ポリスチレンフォーム1種(スタイロフォーム)
普通繊維グラスウール24kg/m3品
高性能グラスウール16kg/m3品
マットフェルト状 ロックウール
ビーズ法ポリスチレンフォーム2号 約97o厚
ビーズ法ポリスチレンフォーム1号 約94o厚
普通繊維グラスウール32kg/m3品
高性能グラスウール24kg/m3品
ボード状 ロックウール
ビーズ法ポリスチレンフォーム特号 約87o厚
押打法ポリスチレンフォーム2種(スタイロフォーム)
押打法ポリスチレンフォーム3種(スタイロフォーム) 約70o厚
ウレタン類(現場発泡・ボード状) 約63o厚
上記の表を見てみると、イメージとは異なる意外な一面が見えてきます。
@グラスウールより性能の悪い発泡系断熱材があること。(断熱材の見た目は同じです。)
A南極観測所で使われている断熱材(スタイロフォーム3種)の50o厚は、高性能グラスウール16kg/品の100o厚より性能が下回ること。
<考察>
断熱性能は、その断熱材の密度や厚みによって大きく左右されるます。特に厚みに左右されますので「性能が良いだ断熱材!」と言っても、薄く使えば何の意味もありません。上の表で一番性能の悪い断熱材(普通繊維グラスウール10kg/m3)と一番性能の高い断熱材(ウレタン)では、なんと・・下の通りです。
普通グラスウール10kg/m3品 100o厚の性能 = ウレタン50o厚の性能
<補足>
@断熱性能は、施工方法でも違います。「外張り断熱」と「充填断熱」の差は、目安として下の通りです。
充填断熱:高性能グラスウール16kg/m3品100o厚 ≒ 外断熱:ウレタン50o厚
A普通繊維のグラスウール10kg/m3品は、反発力が少ないので、つぶしてしまうとそのまま厚みが薄く なってしまい性能が落ちます。施工の丁寧さに影響されやすいですので、グラスウールを使う場合は、 高性能(細繊維)グラスウールを使用した方が安全です。
B発泡系断熱材は、硬いので、充填断熱には不向きです。充填施工しながら、さらに厚みが薄いと 熱橋の影響も大きくなり、性能がかなり落ちますので、基本的には外張り断熱に適しています。


「イメージと現実」のページへ